三水館 その2 風呂編

2016年8月 鹿教湯温泉・三水館さんに泊まってきました。FC2ブログ

三水館さんのホームページは→【http://www.sansuikan.info/

その2 風呂編

1階の素敵ラウンジ。広くて、窓が大きくて、寛げます。
ssk0098.jpg
ラウンジも木製品で溢れています。
部屋の鍵が1つの為か、風呂上がりの待ち合わせを
している方が多かったです。

フロント側からの入り口。テーブルの上に新聞あり。
ssk0061.jpg

窓側に冷水あり。横に本と雑誌が少しありました。
冷水が美味しくて、風呂上がりにガブガブ飲んでしまいました。
ssk0063.jpg

奥の右側が風呂棟への出口。
ssk0067.jpg

窓際には元看板猫・ニャン蔵のアルバムがどっさり。
クロとみーちゃんも少し載っていました。
ssk0068.jpg ssk0069.jpg
ラウンジに来た皆さん、ニャン蔵のアルバムを見ていましたね。
ニャン蔵の後継猫・みーちゃんには結局会えずじまい。
ちらりとも見かけませんでした。残念・・・・。
チェックアウトの時にご主人にみーちゃんのことを聞いたら、
フロントの中の棚の上で寝ているとのことでした。
夏はやっぱり会えないようですねえ(泣)。

ラウンジだけでなく、テラスで寛いでいる方も多かったです。
ssk0025-1.jpg
タバコを吸ったり、スマホを見たりと気持ち良さそうでした。

ラウンジには食器の展示あり。これらは買えるようです。
ssk0082.jpg

青い色が特徴的な食器類。この手の陶器がお好きな方なら、
見入ってしまいそうな感じです。私は全く分からないのでスルーでした(^^;)
ssk0084.jpg ssk0085.jpg

ssk0086.jpg ssk0087.jpg

こだわりがありそうなオーディオ。
ssk0076.jpg

風呂棟への出口。
ssk0078.jpg

履き物入れ。表を歩くので、ここで履き物を借ります。
減った履き物の数で大浴場のおおよその人数が予想出来て便利でした。
ssk0101.jpg

浴場棟までは少し歩きます。本館からは数段降ります。
ssk0102.jpg
冬は寒そうですね(^^;)

男女別大浴場。2:30から入れます。夜8時に男女交代します。
ssk0259.jpg

最初に男風呂だった奥の風呂。
ssk0261.jpg ssk0264.jpg

脱衣所の入り口脇にトイレあり。
ssk0318.jpg ssk0319.jpg

脱衣所。正面に風呂が見えています。
ssk0265.jpg

脱衣カゴたくさん。棚の上に温泉分析表あり。
ssk0298.jpg
温泉は、単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)。
源泉をパイプ送湯して、貯水槽を設置して使用。
源泉の湯温46℃。PH7.9。
加水なし。加温あり。塩素系消毒剤使用。
でも、浴槽では塩素臭は全くしませんでした。

洗面台。写真には写っていませんが、体重計あり。
ssk0312.jpg

超シンプル洗面台。アメニティも化粧品もありません。
ssk0314.jpg
タオル類も部屋から持って来ます。ドライヤーは日立の800W。

内湯。それほど大きくないです。
2~3人でいっぱいという感じでしょうか。
ssk0325.jpg
しかし、全7部屋の宿なので、混み合うことは無く、
最大でも3人しか居なかったので、
浴槽には、ほとんど1人で入ることが出来ました。

15時半頃で湯温40.6℃。適温に調節されていました。
それでも私には少し高めで、すぐに温まってしまいました。

温泉は無色透明で特徴もなく、温泉力は弱いです。
でも、塩素臭もしなくて、とっても気持ちの良いお湯でした。

露天風呂。遠霞さんが「前方後円墳」と仰っていましたが、
まさしくその通りでした(笑)
ssk0286.jpg
直径は大きいのですが、真ん中に湯口があるので、
浴槽部分は長さが95cmほどしかありません。
足が伸ばせないので、意外と入りづらい・・・・。
事実上2人位しか入れない露天でした。

真ん中からお湯がドバドバ。ずっと見てしまいます(^^;)
ssk0292.jpg
湯温41.9℃と高め。私には熱くて、長く入っていられませんでした。

風呂場入り口脇の両側にカラン2つずつ。
ssk0275.jpg

エスケー石鹸・ウィルケア石けんシャンプー、リンス。
エスケー石鹸のボディソープ。
ssk0276.jpg

固形石けんもありました。
ssk0280.jpg


夜8時に男女交代。手前の風呂に行きました。
ssk0501.jpg

体重計あり。
ssk0503.jpg

洗面台はやはり同じく超シンプル。
ssk0504.jpg

ドライヤーは2つ。
しかし壁に備え付けのドライヤーは温風が出なかった(゜Д゜)・・・・
ssk0507.jpg

脱衣カゴと温泉分析表も同じ。
ssk0510.jpg

カランも2つずつ2箇所で同じです。
ssk0555.jpg

内風呂。形は違いますが、広さは同じ位でしょうか。
ssk0511.jpg
夜8時半頃40.3℃と快適温度。

露天風呂。こちらも2人が限界の風呂。実質1人用ですね。
ssk0546.jpg
こちらは40.7℃~40.8℃と少し高めでした。
やっぱり私には熱くて、長時間入っていられませんでした。

露天風呂側から見た内風呂の写真。
ssk0538.jpg

夜の暗い写真だけでは寂しいので、翌朝にも写真撮りました。

朝の内風呂。明るくて、適温で快適快適。
ssk0568.jpg
露天との仕切りガラスは朝食後に全開放されていて
物凄く気持ち良かった~。

露天風呂。お湯がドバドバ投入されていて豪快です。
ssk0561.jpg

表から見た内風呂。
ssk0566.jpg
内湯がぬるめだったので、何度も通ってしまいました。

その3 夕食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

たしかに、そういえば・・

こんばんは。
もう続編がアップされてますね。
そういえば、あの露天風呂を前方後円墳などと表現した記憶が・・・
やっぱりそう見えますね。
でも。真ん中にものがあると、まわりに入らざるをえないから、あんまり人数も入れず、2人程度、というのはその通りですね。意外と狭いですよね、露天風呂。

まあ、そういはいっても、部屋数が限られているから、たしかに浴室はそんなに混まないですよね。私もそうでした。

あの青い器。最後まで買うかどうか悩んだのですが、ちょっとお高めなので諦めました。でもあの青はかなり魅力的なのは、いまでも変わりません。記憶に残るんですよねーー

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは~。コメ、早いっすね~。

> そういえば、あの露天風呂を前方後円墳などと表現した記憶が・・・
> やっぱりそう見えますね。

遠霞さんのレポを拝見した時も、上手いこと仰るな~、
って思っていましたが、実物を見て、つくづくその通りだなあ、
と感心してしまいました。
うまい設計ですよね。非常に印象に残ります。

> でも。真ん中にものがあると、まわりに入らざるをえないから、あんまり人数も入れず、2人程度、というのはその通りですね。意外と狭いですよね、露天風呂。

真ん中を挟んで足を開くか、両足を横にするかしないといけないので、
どうにも落ち着かない格好でした(笑)
もう少し広げるか、真ん中の柱をなくすかしてほしいです(^^;)

> まあ、そういはいっても、部屋数が限られているから、たしかに浴室はそんなに混まないですよね。私もそうでした。

そうなんですよ~。全7室の上に、風呂好きは2,3人といったところで、
ほとんど同じ顔ぶれがすれ違う感じでした。
独占している時間も多かったので、そんなにストレスにはならなかったです。

> あの青い器。最後まで買うかどうか悩んだのですが、ちょっとお高めなので諦めました。でもあの青はかなり魅力的なのは、いまでも変わりません。記憶に残るんですよねーー

おお~、遠霞さんもあの食器に魅了されたのですね。
食器に興味があれば、かなり食指が動きそうです。
(私は文字通り眺めただけです(笑))

色が本当に特徴ありますよね。
形もシンプルなので、好感が持てました。

悩んで、結局買われなかったのですか・・・。
遠霞さんが、今度もしも行くことがあれば、
買ってしまいそうですね。

ついにこちらに来ちゃいました

こんばんは。Twitterの方でお世話になっておりますkazzです。ついにこちらにお邪魔させていただいちゃいました~。
私は小ぶりな湯船が好みなので、写真で拝見してこちらのお風呂には好感を持ちました。
しかし、相変わらずの温湯党のようで。私もそうですが、最近は41度位までは普通にOKになってきましたよ。慣れですかね♪
ニャン蔵にも逢いたいと思っていましたがそれも叶わず。でもその記録は見てみたいですね。
食事編も楽しみにしてま~す(^^)

kazzさんへ

kazzさん、おはようございます~。

> ついにこちらにお邪魔させていただいちゃいました~。

いつもツイッターのコメントいただいて感謝しております。
こちらにもコメントありがとうございます。

> 私は小ぶりな湯船が好みなので、写真で拝見してこちらのお風呂には好感を持ちました。

小ぶりな湯船がお好みなら、三水館さんの湯船は超お好みでしょうね。
それほど混まないので、堪能出来ますよ~。

> しかし、相変わらずの温湯党のようで。私もそうですが、最近は41度位までは普通にOKになってきましたよ。慣れですかね♪

私、昔は熱湯好きの、カラスの行水派でした(^^;)
半身浴をするようになってから、次第に熱湯が苦手になってきました。

> ニャン蔵にも逢いたいと思っていましたがそれも叶わず。でもその記録は見てみたいですね。

ホント、私もニャン蔵がいるころに行きたかったです!
ニャン蔵は部屋にも入ってきてくれたらしいので、
最高のおもてなしになったでしょうねえ・・・
ニャン蔵の写真はすごい枚数ですよ。
眺めるだけで何分もかかります。

> 食事編も楽しみにしてま~す(^^)

がんばりマス。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ