オーベルジュ花季 その2 風呂編

2016年9月 オーベルジュ花季(はなごよみ)さんに泊まってきました。FC2ブログ

オーベルジュ花季さんのホームページは→【http://www.hanagoyomi.jp/

その2 風呂編。

前室の扉を開けると正面に流し台。右・トイレ、左・部屋付き風呂。
hg0821.jpg

シンク。隅っこにあるのは茶殻捨て。手ふきがあるので嬉しい。
hg0824.jpg

冷水ポット、電気ケトル。
この冷水ポットは優秀で、氷が朝まで溶けていなかった。
氷が透明なもので、純度が高かったせいでしょうか?
hg0825.jpg
ここ、前室の隣なので、部屋まで少し距離があります。
お茶セットは部屋にあるので、
電気ケトルは部屋にあったほうが便利なのでは?・・・と思いました。

シンクの右側にトイレ。トイレはTOTOウォシュレットで快適。
hg0832.jpg hg0833.jpg
トイレの蓋は全自動ですが、流すのは手動でした。

シンクの左手は洗面所と奥に風呂。
hg0839.jpg

ダブルシンク。洗面台奥の穴の下にゴミ箱。便利♪
hg0847.jpg

上にドライヤー・パナソニック1200W、
下の袋はフェイスタオルと歯ブラシセットなど。
hg0851.jpg

袋の中身は、女性用と男性用で内容が異なりました。
hg0908.jpg hg0911.jpg
女性用はコットンセット、シャワーキャップ、フェイスタオル、
歯ブラシ、ヘヤーブラシ。
男性用はカミソリ、フェイスタオル、歯ブラシ、ヘヤーブラシ。

化粧品。女性用はクラシエ・ZIRAシリーズ。
クレンジングオイル、フェイスウォッシュ、ローション、ミルキィエッセンス。
hg0853.jpg hg0855.jpg
男性用はルシード。

洗面台の下にタオル掛け。
hg0867.jpg

洗面台の反対側には長い棒が。なんと2m5cmもありますっ!
hg0994.jpg

この棒、バスタオルを2枚干してもまだ余るという素晴らしさ。
hg1266.jpg
このくらいのタオル干しバーがどの宿も欲しいです~。

洗面台の横にカゴ2つとバスタオル2枚。
hg0869.jpg

タオルは花季の刺繍付き。
hg1003.jpg
タオルはもちろん、作務衣にも花季マーク入りでした。

ドアを開けると部屋の露天風呂。到着時は蓋がしてありました。
hg0872.jpg
花季さんには部屋風呂以外の風呂はありません。

蓋を取るとこんな感じ。手すりもあるので安心です。
hg0883.jpg

大きさは105cm×65cm、深さ60cm。完全に一人用です。
マウスオンで寸法表示します。

長さは少し短く、身長170cmの私でも足が伸ばせませんでした。
到着時湯温は39.2℃と快適温度でした。循環で湯温は一定。

このお風呂ジャグジーなんです。強い水流が出ていました。
泡は少ないですけど、確かにブクブクしていました。
お湯の表面にも水滴がプチプチと踊ります。
hg0902.jpg
湯船に入っていると、体中に泡がついて、凄く幸せ~。

お湯は温泉のようですが、循環。
温泉表示はありませんでした。
泉質にこだわる方には不向きです。
私は全く気にしないで何度も入ってしまいました。
ジャグジーのおかげもあって、良く温まる風呂でした。

窓の景色。民家とかが見えるので、ブラインドを下ろしたままになります。
hg0896.jpg

洗い場は広くて快適。
hg1244.jpg

<シャワー、カラン。
hg0877.jpg

シャンプーはクラシエ・ウイズボタニカルマテリアル。
hg0879.jpg

蛇口が2つありますが、どちらもお湯。
hg0880.jpg
湯量が減ったらお湯を入れてください、と言われました。
特に減ることもなかったので、お湯の投入はしなかったです。
栓は抜かないように、とも説明を受けました。

風呂場にも花。女性らしい配慮がある宿でした。
hg1007.jpg

その3 夕食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

やっぱり

鴨ミールさん、こんばんは~
やっぱりこちらのお部屋のお風呂は、ウチののっぽさんには長さが
足りない気がします。残念(^_^;

でも、洗面所や浴室にまでお花が飾られていたり
バスタオルを干す幅広のバーがあったり
タオルにはオリジナルの刺繍、などなど細かいところまで行き届いてますね~

次はオーベルジュの本領発揮のお食事編ですね(^_-)-☆

ごんたさんへ

ごんたさん、こんばんは~。

> やっぱりこちらのお部屋のお風呂は、ウチののっぽさんには長さが
> 足りない気がします。残念(^_^;

私でも足が伸ばせませんでしたからね・・・。
のっぽさんだとかなり窮屈だと思われます。
オーベルジュ湯楽さんくらいの風呂が欲しいところですね。

> でも、洗面所や浴室にまでお花が飾られていたり
> バスタオルを干す幅広のバーがあったり
> タオルにはオリジナルの刺繍、などなど細かいところまで行き届いてますね~

このバスタオルが干せるバーは大感激でした。
バスタオルが干せる場所を確保している宿は、あまり無いですよね。
刺繍やお花はやっぱり女性経営者ならではの配慮を感じました。

> 次はオーベルジュの本領発揮のお食事編ですね(^_-)-☆

もうすぐ公開予定です~。
また長くなりそうです(^^;)
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ