ホテリアアルト 2017年5月 その3 1日目夕食編

2017年5月 ホテリアアルトさんに連泊。FC2ブログ

ホテリアアルトさんのホームページは→【http://www.hotelliaalto.com/

その3 1日目夕食編。

1日目の夕食時間はチェックイン時に聞かれます。
5:30、6:00、6:30の3択。
いつも通り6時を選びました。

この日は暖炉のある部屋の窓際。
hare7470.jpg

いつものセッティング。ワクワクしますね~。
hare7471-1.jpg

お品書き。
hare7477-1.jpg

オールインクルーシブなので
メニュー表のドリンクは飲み放題。
まずはスパークリングワイン。
hare7480.jpg

前菜5品。
hare7483.jpg

西郷村の清流で育むメープルサーモンのリエット
hare7488.jpg
リエット(Rillettes)とは練り物のことだそうです。
サーモンの味が超濃厚。
少ししか入っていないのに、強烈な味です。

海老とシャンピニオンのコンフィー
hare7490.jpg
コンフィ(confit)とは低温のオイルで
じっくりと煮た料理だそうです。
プリップリの海老がデカい。ウマ~い。

しぜん村・高橋さんが育てる小春人参のフォンダン
hare7494.jpg
フォンダン(fondant)とは蒸しあげるものだそうです。
一番上には雲丹。物凄く美味しい雲丹。
人参のフォンダンは、クリーミーで全然人参臭さは無し。

フルティカトマトとズワイ蟹のサラダ・ミモザ
hare7497.jpg
ミモザ(mimosa)とはゆで卵と一緒にしたサラダ。
蟹が甘くて、トマトと良く合っています。
激ウマ。

会津平飼い地鶏ササミのミ・キウイ
青のりヴィネグレットをつけて

hare7502.jpg
ミ・キウィ(mie cuit)はミディアムに火を通した料理だそうです。

泡の次は、白ワインキンタ・ダス・マイアス(ポルトガル)。
hare7504.jpg

フレンチの技法で仕上げる浜あさりのチャウダー
hare7508.jpg
チャウダーのカップは小さいのに、
スプーンがやけに大きい(^^;)
チャウダーはさっぱりしたもので、
アサリがプリプリでウマウマ。

パンが激ウマ。チャウダーに浸けると旨さ倍増♪
hare7511.jpg

フォアグラのプレサージュ・フルーツソースをつけて
hare7513.jpg
プレサージュとは英語でプレスの意味。

プレサージュアップ。
hare7520.jpg
フォアグラのテリーヌとパイ生地をミルフィーユ状にしたもの。
フォアグラはフルーツと相性が良いので、
色々なフルーツが乗っています。
中央に会津のリンゴのコンフィチュールが乗っています。
周りのソースはフランボワーズとオレンジとバルサミコ酢。

テリーヌは生クリームタップリで濃厚でウマウマ。
確かに、テリーヌとフルーツを一緒に食べると
サッパリして食べやすくなりました。

私は赤ワインを注文。
レオン・パルディガル・コート・デュ・ローヌ(フランス)
hare7524.jpg
タンニンタップリの赤ワインでした。おいし~。
肉に合いそうな感じです。

相方はグレープフルーツジュース
hare7525.jpg
苦み無く、甘味も抑えられた飲みやすい味。
相方はこれをもう一回お代わりしていました。

舌平目のムースリーヌ・フィメと野菜をソースにして
hare7527.jpg
運ばれた段階で、魚の香りが漂います。

舌平目輪切り。ピンぼけスミマセン~。
hare7534.jpg
舌平目のムースを、舌平目で包むようにした料理。
プニンプニンでした。
ムースより周りの方がプニンプニン。
口に含むと、口の中と鼻に魚の濃厚な香りが充満。
物凄く美味しいです~。

和牛サーロインのグリエ。
ふきのとうをコンディメントにして。

hare7538.jpg
デカイ皿でど迫力です。

アップ。野菜も沢山あって嬉しい。
hare7543.jpg
白い器の中にふきのとうのコンディメント(薬味)、
手前の白いソースがにんにくとオニオンを
ベースにしたソース。

和牛は一見少なそうに見えましたが、
実は5切れもありました。
サーロインは柔らかくてで極ウマ。
しかし、ちょっと脂身が多くて食傷気味・・・。

最後の料理、
本ズワイ蟹と会津こしひかりのリゾット
hare7549.jpg

リゾットアップ。カラスミとチーズがかかっています。
hare7552.jpg
運ばれた段階で、
チーズの香りが濃密に漂います。
チーズは焼いてあってパリパリでウマウマ♪
蟹も美味しい。
お得意のクリームが最高にマッチしていました。
少なく見えますけど、結構な量でした。
苦しい・・・・。

食後の飲み物は、
コーヒー・紅茶・緑茶・ハーブティ
の4種類から選べます。
私達はコーヒーをチョイス。

ミルク、砂糖が先に運ばれてきて、
hare7559.jpg

コーヒー
hare7560.jpg

デザートは、
デコポンのフレーム・シブースト&濃厚パルフェ 
ベリーソース

hare7562.jpg
デコポンとメレンゲとカスタードで作ったもの。
氷菓子で食感がアイスに似ているけど、
アイスでは無いというもの。

アップ。
hare7566.jpg
デコポンの香りがスゴイ。
凄く甘くて、凄く美味しい。
ソースが美味しかった。
氷菓子はやっぱりアイスにしか思えない(^^;)
口の中でシュワシュワって溶けたので、
やっぱり氷菓子なのかな?

1時間45分位で終了。
どれもこれも美味しいのは変わらず。
量も多くて、お腹パンパンです~。
ワインも堪能できて大満足の夕食でした。
特に印象に残ったのは舌平目のムース。
香りと食感が抜群でした。

ワインの酔いもあって、部屋に帰ったら寝てしまいました。
気がつくと夜の10時。夜食ボックスを覗いてみると、
既に夜食が配られていました。

夜食のおにぎり。
hare7571.jpg

味噌がぬってあって、しょっぱくて美味しい。
hare7574.jpg
お腹は減っていませんが、やっぱり食べてしまいました。
この魅力にはどうしても負けてしまいます。

ドリンクメニューを続きのページに載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。


無料のドリンクリスト。
リストはラウンジでも食事処でも同じです。

リストはクリックで大きくなります。

ビール、ワインなどなど。
hare-7474.jpg

福島の地酒、焼酎などなど。
hare-7475.jpg

ソフトドリンク、ジュース。
hare-7476.jpg

オールインクルーシブでもの足らない方用に
有料のアルコールも用意されています。
以下は別料金メニュー。

赤ワイン。
hare-7395.jpg

白ワイン
hare-7392.jpg

猪苗代地ビール
hare-7393.jpg

シャンパーニュ、会津若松の地酒。
hare-7394.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

来年こそ~

あーーー、美味しそう!
今年なんとかして行きたかったんですけど、無理みたいなので、来年こそは!と決意しました。
うちは、開業して数カ月の頃に行ったきりなので、本当に、お料理はめちゃめちゃ進化してますっ。
(ドリンク(のみほ)の好印象だけ強く心に刻まれ、お料理の印象は薄めでしたもん)
お値段も上がってしまって(汗)、確かに、GWや盆正月に行くのが、コスパが良さそうですね(^^)

魅力的だなぁ

こんにちは。
だいたいどんな感じのコースかわかっていても、やっぱり魅力的なお料理ですねえ。舌平目のムースを舌平目で包んだお料理・・・すんごく美味しそうです。悶絶。最後のお肉料理はやっぱり脂がきつく感じるのでしょうけど、魚料理はさすがだなぁと思わされますね。
それに加えて、からすみやチーズが載ったリゾットなんて・・・これまた悶絶。美味しそう。アアルトさん訪問欲が刺激されて、困りますよ。
前菜をいただきながら、花泉をぐぐっと・・・うーーん、魅力的すぎる・・そこでもうウチは虜になること間違いなしです♪

めりなさんへ

めりなさん、こんばんは~。

> 今年なんとかして行きたかったんですけど、無理みたいなので、来年こそは!と決意しました。

めりなさん家は、
かなりな数の宿に行かれるので、
予定が一杯一杯なんでしょうか?
今年は無理ですか・・・、残念。
来年、行けるといいですね。

> うちは、開業して数カ月の頃に行ったきりなので、本当に、お料理はめちゃめちゃ進化してますっ。

最初の頃はまだ試行錯誤の最中だったのでしょうかね?
私が行きだしてからは、
料理が安定しているので、
来年行かれても絶対にウマウマですよ~。

> (ドリンク(のみほ)の好印象だけ強く心に刻まれ、お料理の印象は薄めでしたもん)

めりなさんが行かれた頃だと、
オールインクルーシブは珍しかったでしょうね。
強烈な印象だったと思われます(笑)
今は、のみほと料理と温泉の三枚看板です。

> お値段も上がってしまって(汗)、確かに、GWや盆正月に行くのが、コスパが良さそうですね(^^)

値段は・・・・、
仕方無いですよね。
でも、消費税込みなので、
べらぼうに高い、というわけでもないんです。
しかし、何と言っても狙い目はGWなんかですよね。
予約が難しいですけど(^^;)

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは~。

> だいたいどんな感じのコースかわかっていても、やっぱり魅力的なお料理ですねえ。

アアルトさんの食事は大枠では変わらないですよね。
材料もそれほどバリエーションがあるわけでもないです。
でも、毎回組み合わせを変えることで
意外と驚きの料理が出てきますよね。

> 舌平目のムースを舌平目で包んだお料理・・・すんごく美味しそうです。悶絶。最後のお肉料理はやっぱり脂がきつく感じるのでしょうけど、魚料理はさすがだなぁと思わされますね。

お肉は、お肉好きの方なら全く問題ないレベルです。
私は普段こんな脂身たっぷりのお肉を食べないので、
脳がびっくりしてしまいますが(笑)
舌平目は驚きの料理でした。
料理長天才です。

> それに加えて、からすみやチーズが載ったリゾットなんて・・・これまた悶絶。美味しそう。アアルトさん訪問欲が刺激されて、困りますよ。

もう5回目なのに、毎回感動の食事です。
今迄マズイどころか、イマイチな料理に
お目にかかったことがありません(゜Д゜)
アアルトさんは再訪欲が尽きることがないような
気がします。

> 前菜をいただきながら、花泉をぐぐっと・・・うーーん、魅力的すぎる・・そこでもうウチは虜になること間違いなしです♪

日本酒も合いそうですよね。
種類も5種類揃っていますし、
美味しい地酒があるのですよね?
前菜の器を固定している味噌が、
とっても日本酒に合いそうなんです(笑)

私ももう少しお酒が飲めれば、
アアルトさんがもっと楽しめそうなのに、
すごく残念です。



プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ