芽瑠鼓 2017年6月 その1 館内編

2017年6月 芽瑠鼓さんに宿泊。FC2ブログ

その1 館内編。

みーしゃさんの追っかけで、
那須の芽瑠鼓さんに泊まってきました。

みーしゃさんのレポは→【http://kadomatsufan.doorblog.jp/archives/49997183.html

みーしゃさんのご主人の次郞さんも
レポを書かれています。
次郞さんのレポは→【http://siraokaya-jiro.blog.so-net.ne.jp/2016-11-14-2

みーしゃさんの追っかけで行った宿ですが、
私が参考にしている他のブロガーさんも
過去に行かれています。

kumaonsenさんのレポは→【http://kumakumaonsen.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

ジャスミンさんのレポは→【http://ameblo.jp/fairysugar93/entry-11347196379.html

遠霞さんのレポは→【http://tokasumi-onsen.blog.so-net.ne.jp/2010-12-18

那須高原/那須湯菜の宿 芽瑠鼓[めるこ]
〒325-0301 栃木県那須郡那須町湯本203-86
TEL 0287-76-8011

チェックイン:15:00~
チェックアウト:11:00

<部屋タイプ>洋室(禁煙)お子様の利用不可
<プラン>那須高原の隠れ宿で旬を味わうスタンダードプラン
@16,780円 (税込・サービス料込・入湯税別)

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

車で行きました。
東北自動車道で北に向かいます。
佐野サービスエリア下りで休憩。
mrk7959.jpg

レストランでラーメンを食べることに。
mrk7962.jpg

JAF会員だとドリンクバーがサービスに
なるという張り紙を発見。
mrk7976.jpg
私はJAF会員なので、もちろん利用させて頂きました。
こういう告知をしてくれると有り難いです~。

ドリンクバー。ジュース、コーヒーなど。
mrk7973.jpg
スープとアイスはドリンクバーには含まれていません。

青竹手打ち佐野ラーメン(842円)。
mrk7970.jpg
可も無く不可も無く、といった感じ(^^;)。
麺の量は多めで、お腹いっぱい。

那須温泉神社にお参り。
mrk7978.jpg

時間があったので、【南ヶ丘牧場】さんに行ってみました。
mrk7980.jpg
ここは駐車場も入場も無料というのがいいですね。
この日は日曜日だったのでスゴイ人出・・・(゜Д゜)
駐車場も満車で停めるのに苦労しました。

この牧場は、乗馬が出来たり、
乗ロバ(幼児限定)が出来たり、
釣り堀やアーチェリーもあります。
乗馬や「うさんぽ」が大人気でした。

ソフトクリームを売っています\(^O^)/
mrk7981.jpg

券売機で食券を買います。
mrk7983.jpg
この時不思議なことが・・・・。
千円札を入れてボタンを押して、
食券が出てきた後、千円札が戻ってきました。
「??????」
何がどうなったのかわかりませんが、
お金を払っていないことになっているので、
窓口でお金を払いました。
前の人がおつりを取り忘れたか、
機会の故障か・・・・?。
・・・不明です。

プレミアムバニラ(500円)\(^O^)/
mrk7987.jpg
濃厚なソフトで、一口食べた相方が
「チーズ?」とつぶやいたほど。
美味しい~。

南ヶ丘牧場さんには「ペロシキ」という
謎の(笑)食べ物があります。
mrk7989.jpg
ソフトクリームで満足してしまった私は、
ペロシキは食べずじまい。
いったいどんな食べ物なんでしょう?
いつか食べてみたいです。

芽瑠鼓さんは、
南ヶ丘牧場さんから車で数分の近距離。
藤城清治美術館の駐車場の前を曲がり、
砂利道を走って行きます。
mrk8008.jpg
舗装されていない道なので、
道は平らではありません。
高級車だと気を遣いそうですね・・・。
もっとも、道のデコボコは修復されていて、
それほど凹凸は無かったです。

芽瑠鼓さんに到着。宿の前に駐車場あり。
mrk7992.jpg

芽瑠鼓=「めるこ」って読めないですよね(^^;)
mrk7997.jpg

玄関は立派ですけど、経年変化が。
屋根はかなりくたびれていますし、
入り口両側の柱の下側にはキズがあるし・・・(^^;)
mrk8003.jpg
15時迄は入り口は閉まっていて入れません。
10分位前に着いた私達は、表でしばし待ちました。

15時少し前に扉が開き、
中から従業員のお姉さんが迎えに出てきてくれました。

玄関入ると正面にディスプレイ。キレイです。
mrk8028.jpg

玄関の上は吹き抜け。開放感あり。
mrk8031.jpg

左はフロント。
mrk8026.jpg

フロントでチェックイン作業。
mrk8034.jpg
宿のホームページから予約したので、
住所、電話番号は印刷されていました。
確認してサインして終わりです。

フロント前に貸し切り風呂の予約ボードがあります。
mrk8037.jpg

「貸切風呂予約センター」という
ネーミングが微笑ましい(^^;)
mrk8036.jpg
芽瑠鼓さんの風呂は、
18:00~22:30の間だけ貸し切りになります。
1回45分。
それ以外の時間は男女別の浴室。

貸し切りは先着順にとれるので、
良い時間がとりたければ、早めの到着が必須。
私達は一番乗りだったので、どこでも取り放題。
夕食の時間を考慮して、21時からにしました。

宿泊人数が少なければ
2回位とれるかもしれませんが、
この日はほぼ満室のため、
貸し切りは1回きりでした。

右は売店、その奥に個室食事処。
mrk8014.jpg

売店コーナーは小さいけど、
売っているのは粒ぞろい。
mrk8015.jpg

玉露名人、こげパンだ。
mrk8017.jpg
これは部屋菓子です。こげパンだは美味しかったので、
自宅用に買って帰りました。

オリジナル芽瑠鼓箸、
ココファームのぶどうジュース、ぶどう酢、
りんごジュース。
mrk8018.jpg

ロンネフェルト紅茶、栃木の焼酎・とちあかね。
mrk8019.jpg
右側にはうめ酒とゆず酒が売っていました。

奥には個室食事処。
ドアが開いていたので覗いてしまいました。
mrk8025.jpg

フロントには従業員のお姉さん一人しかいません。
よって部屋までの案内はなし。
鍵を渡されて、自力で部屋に行きます。

玄関横の階段を上がって2階に
mrk8131.jpg

2階にずらっと部屋が並びます。
mrk8135.jpg

館内図。洋室2室、和室5室の計7室の宿。
mrk8009.jpg

右側には部屋が並びます。
mrk8139.jpg

廊下の真ん中あたりの左に
こぢんまりとしたラウンジ。
mrk8142.jpg
表のバルコニーで喫煙出来ます。

DVD、本が少し置いてありました。
mrk8143.jpg

女性用に色浴衣があります。無料。自由にとれます。
mrk8149.jpg

色浴衣、帯、アメニティ。
mrk8155.jpg
アメニティはコットン、麺棒、歯ブラシセット、
ヘアーブラシ、カミソリ。
カミソリは部屋にはないので、ここか、
浴場でもらってくる必要があります。

セルフドリンクバー。有料で自己申告制。
mrk8156.jpg
四万温泉の長静館さんと同じシステムですね。

申告用の紙が置いてあります。
mrk8166.jpg
那須地ビール380円、地酒(180ml)460円、
ミニボトルワイン420円、キリン一番絞り280円、
缶酎ハイ、ハイボール180円、
湯けむりサイダー160円、ペットボトル各種150円、
おつまみ各種120円、コーヒー120円、
と良心的価格\(^O^)/。

陽ざしのピルスナー、
湯けむりサイダー、天鷹心、
信濃ワイン、イヅツワインと
他では見られないラインナップ。
mrk8159.jpg
私はどれも飲みませんでしたが、
ビールくらい飲んでおけば良かったかなあ?

コーヒーマシンもあります。
mrk8164.jpg

スナック菓子があるのは珍しい。
有料ですけど、楽しいラインナップでした。
mrk8170.jpg

ゲームもあり、至れり尽くせり。
mrk8172.jpg

その2 部屋編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

めるこ・・・懐かしい

こんばんは。
もう館内の様子とか、よく覚えていません・・・というくらい懐かしい。
近くに山喜さんがあるので、今後行く機会はなさそうな気もしますが、とにかく食事が美味しくて、お酒が安かった、そういうお宿ですね。
カエルの置物はいまでもあるんでしょうか??

そーいえば、こちらに泊まったときかどうかは覚えてませんが、ウチはペロシキを食べましたよ。南ヶ丘牧場は近いですもんねぇ~

遠霞さんへ

遠霞さん、こんばんは~。
コメントが早いですね(^^;)

> もう館内の様子とか、よく覚えていません・・・というくらい懐かしい。

遠霞さんのレポは2010年ですから、もう7年も前なんですね。
遠霞さんは沢山お宿に行かれていますから、
7年前に1回行ったきりの宿はあまり覚えていないでしょうね(^^;)

> 近くに山喜さんがあるので、今後行く機会はなさそうな気もしますが、とにかく食事が美味しくて、お酒が安かった、そういうお宿ですね。

すっごく覚えているではないですか(笑)
その通りでした。

確かに山喜さんも近いので、
つい山喜さんのほうに行ってしまいそうですね~。
でも、芽瑠鼓さんもいい宿でしたよ。

> カエルの置物はいまでもあるんでしょうか??

ありました、ありました。
館内のあちらこちらに・・・。
あんまり多いので、写真を撮りませんでした。
カエル、好きなんでしょうね(^^;)

> そーいえば、こちらに泊まったときかどうかは覚えてませんが、ウチはペロシキを食べましたよ。南ヶ丘牧場は近いですもんねぇ~

あっ、ペロシキ召し上がったのですね。
いいなあ。
ずっと気になっているのですが、
中々食べる機会に恵まれず・・・。

やっぱりピロシキですか?

芽瑠鼓さん、南が丘牧場も近いし、
温泉神社も近いし、ペニーレインさんも近いし、
中々好立地でした。

楽しみにしてました~♪

鴨ミールさん、おはようございますm(__)m
芽瑠鼓さん、始まりましたね!お知らせ頂いてありがとうございました。ウチも年内はムリですが、来年再訪を狙っています!

洋室にされたんですね、布団敷きしなくていいですよね~
でも、マッサージチェアが無かったような・・・
ウチは和室の高級マッサージチェアが快適なので
次回も和室狙いです(*^_^*)

館内も落ち着いてるし、喫煙所があるし
湯もいいので、気に入っています
長静館さんの南シェフと女将さんは、ここの小林シェフや
コロシアムインの安藤シェフを良くご存じなんですよ(*^_^*)v

みーしゃさんへ

みーしゃさん、こんばんは~。

> 芽瑠鼓さん、始まりましたね!

遅くなりました・・・ようやくです(汗)
みーしゃさんのように速攻では書けないので、
ボチボチのアップになります・・・(^^;)

> ウチも年内はムリですが、来年再訪を狙っています!

私もまた行きたいです。
冬は寒そうなので、気候の良い時に行きたいです。

> 洋室にされたんですね、布団敷きしなくていいですよね~

和室も自分で布団を敷くので、
すぐにゴロゴロできますよね\(^O^)/
ベッドだと、布団を敷く手間も無くて
楽チンといえば楽チンです~。

> でも、マッサージチェアが無かったような・・・

そうなんですよね。
マッサージチェアが欲しいところでしたが、
部屋がイマイチ狭いので、
マッサージチェアを置くと、かなり狭くなりそうです。

> ウチは和室の高級マッサージチェアが快適なので
> 次回も和室狙いです(*^_^*)

今回予約の段階で
空いていたのが、洋室1つと
個室食事処予約付きの和室1つだったのですよ。

和室でも良かったのですけど、
この際安い方がいいか~、ってことで
洋室を予約してしまいました。

> 館内も落ち着いてるし、喫煙所があるし
> 湯もいいので、気に入っています

ちょっと面倒くさいですけど、
ラウンジのバルコニーで喫煙出来ますし、
地階にも喫煙室がありましたよね。

芽瑠鼓さんは静かだし、お湯はとっても良いですよね。
お湯はかなり気に入りました\(^O^)/

> 長静館さんの南シェフと女将さんは、ここの小林シェフや
> コロシアムインの安藤シェフを良くご存じなんですよ(*^_^*)v

元々同じ湯菜の宿系列ですから、
皆さん顔なじみなんですね。
小林シェフは朝の時一回だけ料理を持って来てくれました。
安藤シェフの料理も、一度は食べてみたいです。

行きたいお宿

行きたい宿リストのお宿です、こちら!
めるこって、意味わかりましたか?
三菱電機っていう意味なんですよ、保養所だったんですよね。
(みつびしえれくとりっくこーぽれーしょんの略でmelco)

GWに行った姉妹館としゃくなげと、館内の雰囲気はすごーく似てます!
違うのはきっと、お湯の色と、牛の種類ですよね。
続きも楽しみでーす♪

めりなさんへ

めりなさん、こんばんは~。

> 行きたい宿リストのお宿です、こちら!

おお~、そうなんですか!
私は行きたい宿リストに、めりなさんが行かれた
湯菜の宿杓凪華さんが入っているのですが、
草津は遠いので、恐らく行けないのではないか、
と思っています・・・。

> めるこって、意味わかりましたか?
> 三菱電機っていう意味なんですよ、保養所だったんですよね。
> (みつびしえれくとりっくこーぽれーしょんの略でmelco)

ええ~!!! そうなんですか!!!
妙な名前だと思っていましたが、
芽瑠鼓さんの宿のしおりに、

「美しき自然を保つ那須の地に新しく「芽」吹き、
「瑠」璃のような輝きを放ち続け、
清流や小鳥のさえずりなど
自然の「鼓」を存分に感じることが出来る。
心から癒されるプライベートな空間を提供できる宿を
意味しています。」

って書いてあったので、半分信じていました(^^;)
漢字がこじつけっぽかったので、
何か意味があるのかなあ、と思っていましたが、
三菱電機だったのですか・・・・(゜Д゜)

オドロキ・・・・。

それにしてもめりなさん、事情通ですね。

> GWに行った姉妹館としゃくなげと、館内の雰囲気はすごーく似てます!

やっぱり統一感があるのですね。
ごんたさんのところに貼って頂いた
写真を見るとストーブが同じような・・・。

> 違うのはきっと、お湯の色と、牛の種類ですよね。

みーしゃさんが行かれた時は白濁湯でしたけど、
私の時は透明でした。
湯の花が浮いているのと、浴槽の下には白い温泉成分が
たまっていたので、混ぜると少しだけ白濁しましたけど。

牛はブランド牛のようですね。
これはウマウマでしたよ。

料理もワンランク上を予約すれば、
牛肉のにぎりが出てきて、
滅茶苦茶美味しそうですよね。

めりなさんの写真を拝見する限りでは
杓凪華さんの肉も美味しそうに見えます・・・。

初めて知りました!

鴨ミールさん、こんばんは☆
めるこさん、初めて知りました!
「さん」を付けると女性みたいですね(^0^)

宿の名前、不思議だな〜と思いつつ、
写真を拝見していて、保養所みたい〜と思っていたので
めりなさんの三菱電機のmelcoに妙に納得してしまいました。
そして宿のしおりに書いてあった自然の意味の「芽瑠鼓」もその通りなのでしょうね。

スナック菓子やお酒がリーズナブルでいいですね〜。
私だったら絶対食べてしまうわ〜(^^;)

館内は天窓があって明るいし、
部屋数も少なくこじんまりしていて落ち着きそうですね。
湯菜の宿、他の所も良さそうで気になりました。
でも「杓凪華」も最初読めませんでした〜(笑)
続きも楽しみにしています♪

みみんさんへ

みみんさん、こんばんは~。

> めるこさん、初めて知りました!

湯菜の宿系列なので、有名みたいですけど、
私もブロガーさんのレポを拝見しなければ
知らなかったと思います。
芽瑠鼓さんはレポを書いている人も少ないですし・・・。

> 「さん」を付けると女性みたいですね(^0^)

あっはっは(笑)。確かに。
メルヘンチックな名前ですね(^^;)

> 宿の名前、不思議だな?と思いつつ、
> 写真を拝見していて、保養所みたい?と思っていたので
> めりなさんの三菱電機のmelcoに妙に納得してしまいました。

私は保養所というのは知っていましたが、
まさか三菱電機の名前だったとは知らず、
めりなさんのコメントで目からうろこが落ちましたよ!

> そして宿のしおりに書いてあった自然の意味の「芽瑠鼓」もその通りなのでしょうね。

かなりこじつけっぽいですけどね(^^;)
それにしても漢字が難しいです。

> スナック菓子やお酒がリーズナブルでいいですね?。
> 私だったら絶対食べてしまうわ?(^^;)

ははは。目が釘付けになるお菓子でしたね。
夕食に響くと困ると思ったので食べなかったのですけど、
心がかなり揺れていました(笑)

> 館内は天窓があって明るいし、
> 部屋数も少なくこじんまりしていて落ち着きそうですね。

すんごくキレイなんです。
部屋数が7室というのがいいですよね。
廊下を歩くと部屋からの声が聞こえますが、
部屋では全く隣の声は聞こえず、
とても静かに過ごせました\(^O^)/

> 湯菜の宿、他の所も良さそうで気になりました。

ですよねえ。
どこも料理の美味しさで有名なようですね。

グループのホテル・コロシアム・イン・蓼科は
奥飛騨の白雲荘さんに在籍していた
安藤シェフが腕を振るっていて、
絶品料理が食べられるそうです。

ただ、芽瑠鼓さん以外はちょっと遠いのです・・・。

> でも「杓凪華」も最初読めませんでした?(笑)

どこも漢字が難しいですよね。
ちょっとヤンキーの当て字のように見えます(笑)

> 続きも楽しみにしています♪

がんばりま~す。

No title

鴨ミールさん こんにちは^^
芽瑠鼓とっても懐かしいです

芽瑠鼓に宿泊して初めて『コリンキー』という野菜の存在を知り 私の中では「コリンキー = 芽瑠鼓」な方程式が出来上がってますww

先日の日曜 産直に買い物に行った際に「コリンキー」を見掛け芽瑠鼓の事を思い出したばかりなので
鴨ミールさんの最新レポが拝見出来るのは凄く嬉しいです

ジャスミンさんへ

ジャスミンさん、こんばんは~。

> 芽瑠鼓とっても懐かしいです

ジャスミンさんが行かれたのは2012年でしたね。
食事は大分変わっていましたよ。

> 芽瑠鼓に宿泊して初めて『コリンキー』という野菜の存在を知り 私の中では「コリンキー = 芽瑠鼓」な方程式が出来上がってますww

おお~、ジャスミンさんのレポにあったコリンキーですね。
変わった野菜ですよね。
芽瑠鼓さんはオリジナリティ溢れる宿なので、
強烈な印象が残りますね。

> 先日の日曜 産直に買い物に行った際に「コリンキー」を見掛け芽瑠鼓の事を思い出したばかりなので
> 鴨ミールさんの最新レポが拝見出来るのは凄く嬉しいです

何というタイミングなんでしょうね。
これは偶然なのか、必然なのか(笑)

私の時は変わった野菜は出てきませんでしたが、
ズッキーニのフライが滅茶苦茶美味しかったです~。

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ