芽瑠鼓 2017年6月 その3 風呂編

2017年6月 芽瑠鼓(めるこ)さん@那須に行ってきました。FC2ブログ

芽瑠鼓さんのホームページは→【http://www.nasuyusainoyado.com/

その3 風呂編

浴室は地階にあります。
mrk8010.jpg

フロントの先の階段を降ります。
エレベーターは無いので、階段のみです。
mrk-8049.jpg mrk-8050.jpg
階段の隅にカエルの置物。
この宿、何故かあちこちにカエルの置物があります。

地下に降りるとまっすぐに伸びる廊下。
mrk-8053.jpg mrk-8055.jpg
地階の廊下のあちらこちらにカエルの置物あり。

つきあたりに無料飲料水のサービス。
mrk8057.jpg

曲がるとまた廊下。廊下の向こうに「ゆ」の暖簾。
mrk8060.jpg

左側一番手前は喫煙室。奥はトイレ。
mrk8061.jpg
喫煙室のドアは染みだらけ・・・(^^;)

のれんをくぐると男女別浴室の入り口。
mrk8064.jpg

舞枝の湯、邑久の湯。
mrk8065.jpg
手前にあるのが「まえの湯」、
奥にあるのが「おくの湯」なんですが、
舞枝(まえ)の湯、邑久(おく)の湯、
という漢字は分かりづらい気が・・・・(^^;)

到着時、おくの湯が男性用でした。
mrk8069.jpg

スリッパを脱ぎます。床がピカピカ。
mrk8074.jpg

奥まで伸びる廊下。
奥を左に曲がると脱衣所。
mrk8072.jpg

スリッパクリップは2つしかない・・・(^^;)
mrk8079.jpg
何で2つしかないのでしょう?
3人目の人はクリップ無しで置いてありました。

奥に扇風機と足のマッサージ器。
mrk8080.jpg
利用しませんでした。椅子は恐らく普通の椅子。

曲がると正面に洗面台、体重計あり。
右側のドアが浴室入り口。
mrk8084.jpg

左は脱衣カゴ棚。鍵付きロッカーは無し。
mrk8089.jpg
タオル類は無いので、部屋から持参する必要があります。

洗面台は2つ。1200Wのドライヤーあり。
mrk8092.jpg

化粧品、アメニティ。
mrk8094.jpg
資生堂フェースソープ、
ポーラ・エステロワイエ化粧水、乳液、
男性用は
ポーラ・ガチのスカルプケア、化粧水。

アメニティは歯ブラシ、シャワーキャップ、
ヘアーブラシ、カミソリ、ヘヤーゴム、
コットン、綿棒。

温泉分析表あり。
隣には英語で温泉の入浴方法が書いてある
ものが貼ってありました。
mrk8128.jpg
奥の沢噴気泉No.1~5混合泉。
単純温泉(弱酸性低張性高温泉)
泉温58.1℃。PH4。
カルシウム、硫酸塩、メタケイ酸が多いです。
源泉温度が高いため、加水することがあるようです。
しかし加温、循環、消毒は無し。

カラン・シャワーは2つ。
mrk8101.jpg

ポーラ・シェービングフォーム、
ポーラ・エステロワイエのクレンジングウォッシュ、
エステロワイエのメイク落とし。
mrk8102.jpg
シェービングフォームがあるのはポイント高いです。

資生堂ルモンドール(LE MONDOR)
シャンプー、コンディショナー、ボディソープ。
mrk8104.jpg

内湯。4時頃で41.9℃と少し熱め。
mrk8107.jpg
幅190cm位×奥行き180cm位の浴槽。
奥行きはありますが、横幅は狭め。
それほど広くないです。
3人位で一杯、という感じでしょうか。

この日は男性客が少なかったので、
最大でも私を入れて3人。
夕方と翌日の朝早くは混みましたが、
それ以外は、ほとんど独占状態\(^O^)/

いいお湯です。湯の花が浮いています。
mrk8109.jpg
物凄く温まります。湯上がりは、
肌がスベスベになりました\(^O^)/

出窓にはシャンプーバー。
mrk8110.jpg

どれも高級そうなもの。
mrk8112.jpg

露天風呂は陶器の風呂が1つ。
mrk8115.jpg
不思議なことに、露天だと硫黄臭がしました。
内湯ではほとんど感じないのですが。

露天風呂。4時頃で41.7℃
mrk8119.jpg
内径120cm位。
2人で入れないこともないですけど、
他人だと無理ですね(^^;)

傘がありました。雨の日は傘をさして入るのでしょう。
mrk8120.jpg

視界はそれほど開けていません。
でも緑が見えて、気持ち良いです。
mrk8126.jpg

立て札に書いてあるのを読むと・・・、
mrk8291.jpg
ありゃ???
泉質が単純硫黄温泉だし、
源泉温度も65.4℃だし、
脱衣所の温泉分析表と違う・・・(゜Д゜)
でも、湧出地は同じ・・・。
????

ま、細かいことは気にしないということで(^^;)



翌日の朝は男女交代。
mrk8440.jpg
前日の貸し切りはこちらを予約しました。

まえの湯が男性用(この写真は前日のもの)。
mrk8067.jpg

こちらは脱衣所がすぐ。
mrk8428.jpg

やっぱりクリップは2つ。
mrk8429.jpg

背もたれの高い椅子。
mrk8430.jpg

右が浴室。
mrk8442.jpg

洗面台は3つ。
mrk8443.jpg

アメニティは同じ。
mrk8419.jpg

脱衣棚の数も同じ。
mrk8417.jpg

カランは2つ。
mrk8446.jpg

内湯。夜21時で41.2℃と適温。
mrk8450.jpg
こちらは横230cm位×奥行130cm位と、
横に長く、奥雪が短い浴槽。
やっぱり3人位が限界でしょうか。

湯の花が浮いていて、幸せ~。
mrk8461.jpg

時計やシャンプーバーも同じ。
mrk8560.jpg

露天は内径110cm位と少し小さめ。
mrk8458.jpg
夜21時で40.2℃と私達に最高の湯温。
ずっと入っていました。

立て札によると、この浴槽は
ラジウム・ゲルマニウム陶浴槽。
ラジウムとゲルマニウムが釉薬に
練り込んであるそうで、
何やらすんごい効果がありそう~。
mrk8454.jpg

いい景色です。
mrk8455.jpg

貸し切りは、夜の9時に「まえの湯」を予約しました。
9時に行くと、私たちの前に予約した客が
まだ居たのにはビックリしました・・・。
(貸し切りは45分なので、
本来なら居るはずが無い)

まあ、旅にはトラブルがつきものということで・・・(^^;)

少し貸し切りの時間が短くなりましたが、
貸し切りを満喫。
大浴場としては少々狭い風呂も、
貸し切りとしては広々で、贅沢でした。

その4 夕食編につづく・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

北海道の地震のお知らせで起きました(^-^;

鴨ミールさん今晩は(^^)
芽瑠鼓さんの湯は、私、下見に行った時と、初回は、透明で、2回目の時は白濁で、お写真お見せしたような、見事な真っ白でした。
毎回違うのは、自然のものだから不思議ですね
鴨ミールさんも、再訪されたら真っ白になってたりして、(^^)

みーしゃさんへ

みーしゃさん、おはようございます~。
北海道はかなり揺れたようですね。
被害が少ないとよいのですが・・・。

> 芽瑠鼓さんの湯は、私、下見に行った時と、初回は、透明で、2回目の時は白濁で、お写真お見せしたような、見事な真っ白でした。

白濁のお湯の時は凄かったですね。
あんなに真っ白になるもんなんですねえ。

> 毎回違うのは、自然のものだから不思議ですね

お風呂の底には白い温泉成分が溜っていましたから、
入ると少し濁るんです。
日によって違ってくるのでしょうね。
ほんと、不思議です。

> 鴨ミールさんも、再訪されたら真っ白になってたりして、(^^)

芽瑠鼓さんで白濁の湯に入ってみたいです~。
いいお湯ですよねえ、芽瑠鼓さんのお湯。
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ