小さなホテル セラヴィ 2017年 その3 風呂編

2017年10月 長瀞のセラヴィさんに泊まってきました。FC2ブログ

セラヴィさんの公式サイトは→【https://ceravie.com/

その3 風呂編

部屋風呂から。

左の扉が部屋付き露天風呂出入り口。
ces0498.jpg

ドアを開けると、サンダル。
ces0571.jpg

出入り口の前に椅子。椅子は塗装がハゲハゲ(^^;)
ces0574.jpg

椅子の横にあるのはキャンドルライトなんでしょうか?
不明です・・・。
ces0575.jpg

裏側に灰皿。
禁煙の部屋なので、煙草はバルコニーのみ。
ces0576.jpg

出て左に露天風呂。数歩、歩きます。
ces0573.jpg

湯船手前にシャワー、カランあり。
ces0577.jpg
しかし、完全に露天なので、
寒い時期にここで洗うのはキツそうです。

シャンプー類は部屋風呂と同じ。
ces0578.jpg

部屋付き露天風呂。
ces0580.jpg
長瀞温泉というのを運んできているようです。
表記はありませんが、
恐らく加温、加水、消毒、循環の四点セット。
消毒の匂いはしなかったので、
問題なく入れました。

温泉力は弱いので、ブラックシリカという鉱石が
風呂の中に設置されています。

ブラックシリカは色々な効果があるようですが、
あまり恩恵を感じませんでした・・・・(^^;)

大きさは城160cm×横81cm。深さ52cm。
写真のマウスオンで寸法表示します。

二人で入れないこともないですけど、
やっぱり一人用ですね。
一人だととてもゆったりと入れます。

湯温はフロントで調節してもらいます。
到着時は41.3℃でしたが、
夜8時半には41.7℃と湯温が上昇。
私達には高めの温度なので、
フロントに電話して、1℃下げてもらいました。
おかげでぬる湯になり、長湯出来ました\(^O^)/

露天風呂から部屋への入り口方向を見た写真。
ces0585.jpg

高い塀で囲まれているので、展望は良くないです。
ces0591.jpg

ただ、湯船横の壁は斜めに配置されているので、
風呂に入っていると、林が覗き見えます。
ces0964.jpg

到着時は一日雨でしたけど、
屋根があるのでいつでも入れました。
何度も入ってしまいました。
やっぱり部屋に風呂がついているのはいいです~。



有料の貸し切り露天風呂(@1,080円。2人だと2,160円)。
1枠50分です。

部屋にあるカゴは素敵なもの。
ces0623.jpg
貸し切りに行く時に使いました。

貸し切り露天は本館の入り口を出て、
ちょっと下った場所にあります。
ces0624.jpg
予約時間にフロントに行って、案内してもらいました。

中に入って鍵をかけます。
ces0629.jpg

右に大露天風呂。開放感あります。
ces0630.jpg

露天風呂はかなり広いです。
5、6人入ってもへっちゃらという感じ。

↑この画像はマウスオンで寸法表示します。

どのくらい広いかというと、このくらい。
ces0681.jpg
奥の2つの箱はブラックシリカ。

湯温は16時で40.3℃と、
私たちには最適温度。
小雨がパラついていましたが、
ぬるいので、ずっと入っていられました。

お湯がジャブジャブ出ています。
ces0691.jpg
部屋風呂と同じ長瀞温泉。
よく温まりますが、風呂から上がると
冷めるのは早かったです。

シャワー、カランは2つ。
ces0667.jpg
完全露天なので、
寒い時や悪天候時は無理ですね(^^;)

シャンプー、コンディショナー、ボディソープ、
洗顔、メイク落としもあります。
ces0684.jpg
一通り揃っています。
ドライヤーは無しです。

入り口脇に棚。荷物が置けます。
あかすりタオルあり。下は足ふきマット。
ces0632.jpg

バスタオルもあります。
ces0636.jpg

入り口脇に鏡、時計あり。
ces0637.jpg

化粧水、乳液も置いてあります。
ces0639.jpg

入り口の左側に、上に登る石段があります。
ces0670-1.jpg

お休み処の案内看板。
ces0641.jpg

石段を登っていき、
ces0642.jpg

屋根付きのお休み処。
ces0645.jpg

中に囲炉裏とベンチ。
ces0658.jpg

囲炉裏。
ces0657.jpg

ここもハロウィン仕様。
ces0659.jpg

脇に冷蔵庫。
ces0647.jpg

冷蔵庫内の飲料は何と無料なんです。
ces0650.jpg

オレンジジュース。
ces0651.jpg

十六茶、キリンレモン、おーいお茶、
アサヒスーパードライ。
ces0652.jpg
缶ビールは135mlとミニサイズ。
でも、風呂の休憩には丁度良かったです。

無料のドリンクは嬉しいですね。
有料貸し切りが、少し割引になった感じ。

貸し切り露天は有料ですけど、
とっても気持ちが良いです\(^O^)/
天候が良ければお金を払う価値があります。

ただし、
「貸切大露天風呂は
1月・2月は凍結のため利用不可となります。」

という注意書きが予約時のページに載っていました。
サスガ秩父、冬は寒いのでしょう。
この時期に行く時は利用できないので、
注意が必要ですね。

本館に帰ると、ライトが灯ってキラめいていました。
ces0700.jpg



家族風呂。

家族風呂は1階の「La」の部屋から
さらに奥に行きます。
ces0444.jpg

突き当たりは大きな窓。
ces0446.jpg

左に曲がると下に降りる階段。
ces0448.jpg

降りきった正面が家族風呂。
ces0452.jpg
無料で24時間、
空いていればいつでも入れます。
「空いています」の札を「入浴中」に
裏返して入ります。

ただ、ここまで来て、
札を確認しないといけないので、
部屋から来て、ふさがっていると
がっかりしそうですね・・・。

ドア開けると暖簾。
ces0959.jpg

ここにも段差あり。
ces0730.jpg

入り口入って右は脱衣カゴ2つ、
その下に体重計。
ces0941.jpg

バスタオル、あかすり完備。
しかし、やっぱりドライヤー無し。
ces0942.jpg

壁にはハンガー。
ces0943.jpg

入り口上に温風機。
ces0940.jpg

家族風呂入り口。
ces0713.jpg

家族風呂はそれほど広くないですが、
3人位は入れます。
ces0946.jpg
湯温は17時で40.3℃と適温。

上にはステンドグラス。
ces0719.jpg

窓には狭い、はめ込みのガラス。
ces0951.jpg
浴室全体もそれほど広くなく、
窓も小さいので、ちょっと圧迫感あり。

カラン2つ。
ces0953.jpg
ここなら寒くても、雨tが降っても平気なので、
髪や身体を洗うのが一番良い気がします。
ドライヤーがないのが問題ですが・・・。

風呂はどれも温泉力が弱いですけど、
湯温は一定で、快適に入れます。

シャンプー類も良い物なので、
満足度は高かったです。

その4 夕食編につづく・・・・。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

なるほど~(・∀・)

鴨ミールさん、こんにちは~(・´ω`・)
セラヴィさんのお風呂の全貌が明らかに♪
貸切露天は広々で開放的!
ドリンク無料だし、これなら有料でも納得ですね(*´∀`)
でも屋外の洗い場ばかりで
寒い季節はどうするのだろう?(;^ω^と思ってたら
ちゃんと内風呂の家族風呂があるので安心しました~(´ω`★)
「La」のお部屋は家族風呂に近くて良いですねえ。

そういえば、まだブログに書いてない宿ですが
ワタシも「ブラックシリカ」を入れたお風呂に遭遇した事あります。
その効果は・・・やっぱり謎でした(・∀・;)

うひひのひさんへ

うひひのひさん、こんばんは~。

> セラヴィさんのお風呂の全貌が明らかに♪

お待たせしました。
確かに全貌が明らかになったのですが、
部屋風呂は部屋ごとに違うそうです。
他の部屋のお風呂も入ってみたいです~。

> 貸切露天は広々で開放的!

高い塀に囲まれているので
余り展望は良くないのです。
でも全体的に広いので、すごく開放感があります。

> ドリンク無料だし、これなら有料でも納得ですね(*´∀`)

これがあるだけで、大分印象が変わりますよね。
そんなには飲めないんですが・・・。

> でも屋外の洗い場ばかりで
> 寒い季節はどうするのだろう?(;^ω^と思ってたら
> ちゃんと内風呂の家族風呂があるので安心しました~(´ω`★)

部屋のユニットバスでは洗う気がしないですよねえ。
家族風呂は身体や頭を洗うのには丁度良い感じ。
ほとんどの部屋に風呂がついているので、
空いていることの方が多いようでした。

> 「La」のお部屋は家族風呂に近くて良いですねえ。

そうなんです。
部屋から出て、階段の上から除くと
開いてます看板が見えるので、
ちょこちょこ覗いていました。

レストランも近いし、
位置的に一番良い部屋だと思います。

> そういえば、まだブログに書いてない宿ですが
> ワタシも「ブラックシリカ」を入れたお風呂に遭遇した事あります。

ほほう。
温泉界ではブラックシリカは有名なんですね(^^;)

ブラックシリカを入れてくれる、
ということは、それだけサービス精神が
豊富ということでもありますよね。

> その効果は・・・やっぱり謎でした(・∀・;)

気のせいか肌がスベスベしたような・・・(^^;)

今迄、温泉力の弱い宿には余り興味がなかったのですけど、
今回セラヴィさんに泊まって、
温泉力が弱くても、他の要素が素晴らしければ、
全体的に満足度が高い、という事をひしひしと感じました。

うひひさんが行かれた、茜彩庵山水さんとか、
広丞庵かのかさんも俄然興味が湧いてきましたよ\(^O^)/
プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ