FC2ブログ

小さなホテル セラヴィ 2017年 その4 夕食編

2017年10月 長瀞のセラヴィさんに行ってきました。FC2ブログ

セラヴィさんの公式サイトは→【https://ceravie.com/

その4 夕食編

セラヴィさんの食事は、1階のレストランで。
ces0385.jpg
この写真は到着時に撮ったもの。
パーティションはありません。
でも、席と席の間隔は離れていて、
隣の会話はほとんど聞こえません。

古いオーディオ(?)から音楽が流れています。
ces0845.jpg

中を覗くと真空管アンプ。
しかし、音源はi-phoneという斬新な組み合わせ。
ces0846.jpg
柔らかく、暖かみのある音でジャズが鳴っています。

夕食は全室18時スタートと決まっています。
18時にレストランに行くと、渋滞発生。
ces0738.jpg

何でかというと、まず最初に箸を選ぶから。
ces0843.jpg
箸は5種類。太いのやら、細いのやら、
長いのやら、短いのやら、
見本を手にとって選べます。
何か楽しい♪

おまけに、その横で日本酒のふるまいが・・・。
ces0740.jpg
セルフサービスと書いてありましたけど、
従業員さんが注いでくれました。

部屋名を言うと席に案内してくれます。
私達は窓際の端でした。
荷物置き、膝掛けの用意もあって抜かりなし。
ces0741.jpg

テーブルの上にはちゃんと部屋の名前が。
ces0747.jpg

翌日の朝食のおかずの選択用紙もありました。
ces0748.jpg

おしぼりも芸術作品。おしぼりは暖かい。
ces0761.jpg

お水は用意されています。
グラスに細かい模様があって素敵です。
ces0744.jpg

お品書きあり。
詳しく書いてあって助かります~。
ces0796.jpg

サービスの秩父の日本酒。美味しいお酒でした。
ces0750.jpg

お酒を飲まない相方には
メイプルサイダーをサービスしてくれました。
ces0762.jpg

セラヴィさんはアルコールの種類が豊富。
物凄く悩んでしまいました。

悩んだ末に私が頼んだ
兎田ワイナリーの白ワイン・コラージュ(やや辛口)。
グラス 1,050円(税・サービス料込み)
ces0797.jpg
すんごく美味しい白ワイン。
何杯でも飲めそう。飲めないけど・・・(^^;)

相方にはほうじ茶を持って来てくれました。
ces0821.jpg
器がどれも素敵なんです。
後から古伊万里なんかがゴロゴロ出てきます(゜Д゜)

最初にテーブルに用意されている前菜
ces0743.jpg

前菜アップ
ces0754.jpg
手前の料理。
・栗満月羹、すすき牛蒡
栗が物凄く美味しい。
すすき牛蒡にけしの実がついていて美味。
真ん中・岩茸、海老、もって菊
水菜おろし和え、とんぶり
酢の物でした。とても美味しい。
右・焼甘とうがらし。むかご真丈
甘とうがらしはピーマンみたいな味。ビリ辛。
むかご真丈はむかごだけでなく、
他にも何か入っていました。

レモン釜(湿地、蕪菜柿、クコの実)
ces0756.jpg
甘いレモンジュレがかかっています。
柿が沢山入っています。すんごく美味しいです。

お椀。器は大正時代の物。
今月は桔梗と萩とすすき。蓋の裏側にはおみなえし。
来月になると違う器を使うそうです。
ces-0800.jpg ces-0802.jpg

相方のお椀は松ぼっくり。
ces-0804.jpg ces-0806.jpg

椀物秩父の山の木の子汁
桜湿地、くり茸、赤もみじ茸、チンゲン菜
ces0803.jpg
とろみのある椀物。,薄味で、複雑な味がします。
物凄く美味しい木の子汁ですっ。

造里・彩り三色巻き
鮪、胡麻豆富、湯葉、
大根、きゅうり、紅芯大根、
千枚蕪漬け、浅月、
紫玉葱甘酢、割醤油

ces0822.jpg
豆皿は江戸時代の手書きのもの。
鮪のみ醤油とワサビで味付け。
あとの野菜は割醤油を使って食べます。

造里アップ。タンパク質は鮪のみ。他は野菜の造里です。
ひとつひとつ丁寧に説明してくれます。
ces0824.jpg
手前左:鮪はきゅうりで巻いてあります。
この組み合わせがとても美味しい。

右の黄色はじゃがいも。
くちなしで色をつけてあって、
中には胡麻豆腐。

じゃがいものの奥は紅芯大根。
中に湯葉が入っています。
湯葉は豆の味がするしっかりとしたもの。

黄色いカリフラワーは天然の色だそうで。

甘酢につけたあしらいの玉葱だけは
味がついています。

ツマは茗荷とブロッコリースプラウト。

野菜の造里なんて聞くと、
貧しい感じを受けますが、とんでもない。
手が込んでいて、どれも芸術作品のようでした。

板長は何と83歳
野菜にこだわりがあるベテランだそうです。

秋香り物和紙包み木の子焼き
武州豚こうじ漬け焼き、木の子彩々、銀杏、
スモークチーズ、シークァーサー、
丸十、松葉串(生姜、こんにゃく)

ces0832.jpg

手前左は、松のチップでスモークしたチーズ
スモークがすんごく美味しい。
ces0835.jpg
真ん中・松葉串は新生姜と手作りのこんにゃく
蒟蒻は凍み蒟蒻のようなものでしょっぱい。
右・丸十のレモン煮はレモンの香りが確かにします。
面白い組み合わせ♪

和紙包み木の子焼き
包みを開けると芳醇な香りが放散。
ces0839.jpg
平茸、エリンギ、白ブナシメジ、里芋、
武州の豚こうじづけ、牛蒡、銀杏。
きのこがたくさん入っていて楽しい。

シークヮーサーはお好みでかけます。
このシークヮーサーをかけると
美味しさ倍増。オドロキの組み合わせです。

里芋は焦げ目が付いていてホクホクとして物凄く美味しい。
牛蒡は柔らか~い。

ここで私は赤ワインを注文。
ハウスワイン(チリ メルロー主体)グラス950円。
ces0842.jpg
タンニンたっぷりの美味しい赤ワインでした。

油物・天然舞茸かき揚げ・ピンクソルト
ces0850.jpg

舞茸アップ
ces0852.jpg
熱々、サクサクで凄く美味しいです。

セラヴィさんのスタンダードコースは
ほとんど野菜の食事。
少し肉が欲しいと思って、
グレードアップの
上州牛ステーキプランにしました。
上州和牛ステーキ(60g)が付きます。

ステーキを食べるタイミングは食事前に聞いてくれます。
肉の準備。固形燃料に溶岩プレート。
ces0859.jpg
ソースは自家製味噌、土佐醤油、山葵。

肉は60gということでしたが、
かなり多い気がします・・・。
ces0866.jpg
肉には塩胡椒の味付けがしてあって、
柔らかくて、ジューシーでウマウマ♪
相方は食べきれず、こちらに2切れ回ってきました。

肉を食べると、さすがにお腹が一杯になってきました。

炊合せ
ces0867.jpg

これも器が江戸後期から明治の古伊万里。
二人で柄が違っていました。
ces-0869.jpg ces-0876.jpg

炊合わせ・菊花蕪鶏、そぼろ射込み
坂本菊、人参、そばの実、
おろし生姜、青み、柚子

ces0871.jpg

蕪は半分に切ってあります。
ちょっと分かりにくいのですが、
蕪の中に鶏のそぼろが入っているのが見えるでしょうか?
ces0881.jpg
薄味ですんごく美味しい。熱々です。

酢の物・
芋ずいき甘酢、鮑、兜腹きゅうり、
焼茄子、丹波しめじ、黄味酢

ces0883.jpg

酢の物アップ。冷たいです。
ces0888.jpg
黄身酢の下が芋ずいき。
右手前が鮑の肝
肝は苦くて美味しい。鮑はコリコリ。
酢の物は酸っぱくて凄く美味しい。
やっぱり酢の物は酸っぱくないと\(^O^)/
酸っぱい物を食べたら、口の中がサッパリしました。

ここで食事です。
ご飯とデザートを食べきれない時は
部屋に持って来てくれるそうです。

とっても有り難い提案ですが、
私達はなんとか食べられそうなので、
レストランで食べることにしました。

食事・
栗御飯、油あげ、散らし三ッ葉、香の物、赤だし
これも古伊万里。150年前の物だとか。器に違いが。
ces0890.jpg

相方の器。
ces0891.jpg

蓋を開けたところ。
ces0894.jpg
赤出汁とのことでしたが、
普通の味噌汁のよう・・・。
栗がすごく甘くてホックホク♪
地元の栗だそうです。

ご飯は少なめに盛ってくれました。
ces0896.jpg
美味し~。
ご飯はモチモチしていて、
まるで餅米のような弾力。

ご飯はお代わりも出来ますし、
おにぎりにもしてくれるそうです。

漬け物。白菜と柚子の漬け物。新生姜。ぴりりと辛い。
ces0903.jpg

デザートも部屋で食べますか?
と、ここでも聞いてくれます。

甘味・皆野無花果コンポート、小さな焼きかぼちゃプリン
ces0909.jpg
かぼちゃプリンには黒糖ソースがかかっています。
甘~くてとっても美味しい。

梨の裏側にぶどうもありました。梨もぶどうもメチャ甘。
ces0914.jpg
デザートも大満足\(^O^)/

お茶も出ます。
ces0917.jpg

レストランの隅には暖炉。
ces0928.jpg

ここにもハロウィングッズが。
ces0929.jpg

楽しませてくれます~。
ces0930.jpg

テラスの装飾が見事でした。楠の木だそうです。
ces0924.jpg

1時間50分程度で夕食終了。
野菜づくしの料理はどれも美味しくて感動。
皆さんの評価が高いのが分かります。
また食べたいものばかり。

ただ、食後にコーヒーが無いのは残念。

お茶のお代わりも何度も来てくれます。
説明も丁寧、
配膳はこちらのペースに合わせてくれますし、
物凄く気持ち良く食事が出来ました。
とにかく従業員さんの接客は特筆ものでした。

その5 朝食編につづく・・・。

ドリンクメニューを続きのページに載せておきます。
下の「続きを読む」をクリックしてください。


ドリンクメニューはクリックで大きくなります。

ビール。
ces-0768.jpg

グラスワイン。
ces-0769.jpg
選べるワインコース、
というのがすごく魅力的でした。

果実酒。
ces-0770.jpg

秩父地酒。
ces-0772.jpg
飲み比べセットがあるのがイイですね。

厳選新潟の酒。
ces-0773.jpg

東北の旨い酒。
ces-0776.jpg

焼酎。
ces-0778.jpg

焼酎。
ces-0779.jpg

秩父イチローズモルト。
ces-0781.jpg

イチローズモルトの続き、ブランデー。
ces-0782.jpg

カクテル、ノンアルコールカクテル。
ces-0785.jpg

兎田ワイナリー、ハウスワイン。
ces-0786.jpg

スパークリングワイン、白ワイン。
ces-0788.jpg

赤ワイン。
ces-0789.jpg

ソフトドリンク。
ces-0791.jpg
一番上に載っている、
酒蔵が造った「麹の甘酒」牛乳割り
っていうのが凄く気になりました。
いったいどんな味なんでしょう?
味の想像がつかないです(^^;)

日本酒。
ces-0793.jpg

岩手・七福神。
ces-0794.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

うひひのひ

うつわ✨
鴨ミールさん、こんばんは~(・´ω`・)

美味しそうなお料理もさることながら
次々出てくる器が凄すぎて・・・(*゚Д゚*)
古伊万里、ですか。。
お茶椀が、、特に奥様に供されてた物が美しくて
栗ご飯もいっそう美味しくいただけそうですー(*≧ω≦)

鮪を胡瓜で巻いた物や
蕪のそぼろ射込みなど、手が込んでますねえ(*´∀`)
お野菜の種類がこんなに・・・スバラシイですー。
そして、ステーキプランを選ばれたのですね~。
さすがでございます(^^♪
60gでも食べ応えありそうですね~

飲物メニューが豊富過ぎて驚愕!(*_*)
これは長考に入ってしまうなあ。。(;^ω^
気にされてた「麹の甘酒」牛乳割りですが
ワタシ、自宅でたまに飲んでます(´ω`★)
お気に入りの酒造さんの甘麹を
夏は冷やして、冬は温めた牛乳で割るのですが
優しい甘さで、身体が温まって
すごく元気になれるのですよ~(* ´ ▽ ` *)ノ 

鴨ミール

うひひのひさんへ
うひひのひさん、こんばんは~。

> 美味しそうなお料理もさることながら
> 次々出てくる器が凄すぎて・・・(*゚Д゚*)
> 古伊万里、ですか。。

凄かったですよ~。
オーナーさんが相当こだわっているのでしょうね。
相方は食べ終わった器に怖くて触れない、
って言ってました。

> お茶椀が、、特に奥様に供されてた物が美しくて
> 栗ご飯もいっそう美味しくいただけそうですー(*≧ω≦)

骨董としての価値は分かりませんが、
美しいのは間違いないですよね。
食事の美味しさが倍増したのは間違いないです。

> 鮪を胡瓜で巻いた物や
> 蕪のそぼろ射込みなど、手が込んでますねえ(*´∀`)
> お野菜の種類がこんなに・・・スバラシイですー。

もう、手が込んでいるのは天下一品。
ほとんど地元の野菜らしいです。
板長さんはこの道40年のベテラン。
ちょっと他では味わえない料理ばかりで
感動しまくりでした\(^O^)/

> そして、ステーキプランを選ばれたのですね~。

何か野菜だけだとお腹が空きそうな感じがして
ステーキプランにしたのです。

> 60gでも食べ応えありそうですね~

結果的にステーキプランで大正解だったです\(^O^)/
ただ、60gの肉は予想よりも多くて、
本当に60g????とヒソヒソ言いながら食べていました。

ただ、最後のご飯がお代わり自由なので、
肉が無くても満腹になったと思います。

> 飲物メニューが豊富過ぎて驚愕!(*_*)
> これは長考に入ってしまうなあ。。(;^ω^

でしょ、でしょ!
ワインも沢山ある上に、
日本酒も美味しそうなのがあって
目移りしまくりです。

私は長考に入ってしまって、
食事の開始時間が他のテーブルよりも
かなり遅くなってしまいました(^^;)

ドリンクメニューが部屋に欲しかったデス。

> 気にされてた「麹の甘酒」牛乳割りですが
> ワタシ、自宅でたまに飲んでます(´ω`★)

おおお・・・、何と、ご自宅で飲まれているのですか!

> お気に入りの酒造さんの甘麹を
> 夏は冷やして、冬は温めた牛乳で割るのですが
> 優しい甘さで、身体が温まって
> すごく元気になれるのですよ~(* ´ ▽ ` *)ノ 

へぇ~、そうなんですか。
とっても美味しそうですネ。

甘酒なんて全然家では飲まないので、
お気に入りの甘酒なんていうのも無いんです。

やっぱりセラヴィさんで飲んでくれば良かったなあ・・・。
大失敗。
次回は必ず飲みますっ。
非公開コメント

鴨ミール

東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

カテゴリ

Twitter

FC2カウンター

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
ぬる湯好き。
性別:男

リンク

旅休ドットコム 温泉生活

アマゾン・リンク

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

ユーザータグ