おとぎの宿 米屋 その2

2010年1月 おとぎの宿 米屋@須賀川温泉 その2。FC"ブログ

正面のドアが洗面所の入り口。
s1010922.jpg

洗面スペース。広くて気持ちよいです。
10907-1.jpg

イスがやはり葉っぱ!
s1010911.jpg

アメニティは十分です。チューブ入りのシェービングクリームまでありました。ドライヤー有り。
s1010909.jpg
バスタオル2枚/一人。ハンドタオル1枚/一人。

化粧品もずらり。
s1010908.jpg

シャワースペース。洗面所との間には仕切りがありません。シャワーカーテンが付いていました。
s1010910.jpg
シャワースペースの窓に鍵が無く、すぐ下が一階の屋根なので、進入可能?(笑)

シャワースペースから部屋付き露天への出口。
s1010912.jpg

シャワースペースから出ると、温泉表示板と湯もみ棒あり。
s1010914.jpg

部屋付き露天風呂です。
s1010913.jpg
べランダに置いた、系ですが、全体が広いので、かなり快適なスペースです。
部屋からも、シャワースペースからも出られます。

源泉は52℃でかなり熱いです。
s1010915.jpg
左が源泉、右が水のコックです。左と右で調節するとほど良い温度になりますが、
結構調節が難しく、熱いか、ぬるいか、になってしまいます。

風呂桶が優秀で、熱いお湯はなかなか冷めません。
熱いときは水を入れるしかありませんでした。

風呂はなんとか二人並んで入れます。
s1010916.jpg
枕の部分に木が付いていて、足を伸ばしてのんびりと入れます。

驚いたのは泉質。PHが8.9のアルカリ性と聞いていましたが、余りピンと来ていませんでした。
しかし、入ってびっくり!!ぬるぬるです。グリセリンが入っているようなトロトロの
化粧水の中に入っているような感覚、といえば少し分かりやすいでしょうか。

入っている間中、ぬるぬるの腕をなで回していました。
多分この須賀川温泉に入った人は全員やると思います(笑)

ずっと入っていたい温泉です。食事の時に従業員さんが言っていましたが、
「化粧水の要らない温泉」というのは大げさではありません。
特に女性なら実感するのではないでしょうか。

部屋から見た露天風呂。
s1010930.jpg

休憩用の椅子の前から覗いた風景。左下の建物は「おとぎの里」でしょうか。
s1010917.jpg

2時にチェックインしたので、大浴場に行ってみました。
他の部屋はまだ清掃中で、従業員さんが忙しそうに働いていました。
大浴場も3時前までは清掃中で入れませんでした。

部屋にあった館内ガイドを片手に館内を散策。
正面玄関を出た左にお稲荷さんが祭ってあったのでお参りしてきました。

玄関横は、おとぎ文庫(図書室)のはずでしたが、洋服や、小物の販売スペースになって居ました。
s1010940.jpg

1階の廊下には本や座布団が売っていました。
s1010941.jpg

ショップ「森のおへそ」色々小物を売っていました。
s1010942.jpg
十二支の置物も売っていましたが、今年の干支・虎の置物は売り切れていました。

中庭に足湯と飲泉所がありました。
sy10944.jpg sy10945.jpg

足湯。
s1010949.jpg

ちゃんとタオルが用意されています。
s1010950.jpg

飲泉所。飲んでみましたが硫黄(?)臭さがありましたね。
s1010948.jpg

大浴場入り口。これは女性用です。のれんにうさぎの模様が。
s1010951.jpg
この宿はあちこちにうさぎ模様があります。

奥が男性用。
s1010952.jpg

男性用大浴場。だだっ広いです。ロッカーが数え切れないほどあります 
s1010957.jpg

大浴場にはハンドタオル、バスタオル共にたっぷり用意されています。手ぶらで来て全く問題なし。
さすがですねえ。
s1010959.jpg

大浴場は広いです。(この写真では、広さが伝わらないと思いますが・・・)
s1010960.jpg
寝湯もあり、サウナもあります。当然冷水の浴槽もあります。

サウナ。
sy10968.jpg sy10970.jpg

時間が早かったせいもありますが、この広い大浴場を独り占めです!
なんという贅沢。なんという幸せでしょう。
s1010962.jpg

カランもいっぱいあります!
s1010961.jpg

露天風呂は大浴場を出てちょいと歩きます。寒いです。
s1010963.jpg

露天風呂。
s1010964.jpg
内湯はちょっと熱めでしたが、露天風呂はちょうど良い温度。
寒い気温のおかげでいくらでも入っていられます。

脱衣所には飲料も用意されています。とにかく至れり尽くせり。
s1010972.jpg
部屋に風呂が付いていなくても、この大浴場があれば十分満足できるのでは?という感じです。

部屋の風呂は温度調節をしなければいけないので、かえって大浴場のほうが気楽に入れるかも。

それにしても米屋のすごさに圧倒されました。

その3に続く・・・・



関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ