おとぎの宿 米屋 その4

2010年1月 おとぎの宿米屋 宿泊 その4FC2ブログ

<エースJTB 優雅 おとぎの丘プラン>
和室・内風呂なし・14畳
露天風呂+シャワールーム付き 3名定員
お部屋の展望・山

往復東北新幹線やまびこ号利用・東京駅発着
@39,900円(交通費無しの宿泊プランは@29,700円です)

プラン特典
チェックイン15:00が14:00に。
夕食時一人につき地酒1合または
地元産フレッシュジュース一杯サービス


おとぎの宿 米屋ホームページは→【http://www.e-yoneya.com/

朝食編

朝食は7:30~9:00の間30分単位で選べます。前日夕食の時に時間を聞かれます。
私たちは7:30にお願いしました。その時間に勝手に行きます。

朝食は夕食と違う場所で、おとぎの里のほうにある、食の杜 ダイニングで食べます。
個室でなく、広間ですね。こんな感じです。ピンぼけすみません。
y20052.jpg
広間ですが、間隔がかなり広くとってあるので、隣はあまり気になりません。

少しずついろいろ並んでいます。どれもこれもおいしいです。
y20035.jpg

たらこ、昆布など。
y20045.jpg

漬け物。
y20046.jpg

y20047.jpg

y20048.jpg

y20049.jpg

y20050.jpg

y20051.jpg

納豆。 
y20037.jpg
↓別の器に出します。
y20044.jpg

席に着いてから固形燃料に火を入れてくれます。
y20038.jpg
↓蕪だったと思います。
y20054.jpg

りんごジュース
y20039.jpg

しじみの味噌汁。味噌汁はおかわり自由です。
y20040.jpg

焼き魚と卵焼き。
y20043.jpg

ご飯もテーブルの上にお釜が乗っているので、おかわりOK。宿の名前の通り米がうまいです。
y20036.jpg

お茶。
y20041.jpg

ヨーグルト。
y20053.jpg
満腹になって部屋に戻りました。

もちろん朝食後も部屋の風呂に入りました。何度入っても良い温泉でした。

JTBプランだとチェックアウトが11:00なのですが、
須賀川駅への無料送迎バスが11:00発なので、10:30頃部屋を出ました。

ロビーでお茶をいただきました。
お土産に飴ももらいました。「雨に遭わないように」だそうです。
sy20058.jpg sy20059.jpg

y20060.jpg


バスで送ってもらい須賀川駅に。
y20064.jpg

sy20067.jpg sy20065.jpg

おとぎの宿 米屋ホームページ

おとぎの宿米屋の感想。

◎温泉の泉質が最高。化粧水温泉。とろとろすべすべ。
◎部屋付露天風呂、大浴場共にすばらしい。
◎旅館全体が豪華。高級感あふれる。
◎館内はきれいで、小物があちこちにあり楽しい造り。
◎従業員さんはみんな親切、丁寧。ホスピタリティ度高い。好感度大。
◎なんと言っても料理が最高。メニューも季節で変わるし、独創性バツグン。
◎アメニティ充実。シャンプー類も高級。
◎部屋のドリンク無料、コーヒーメーカー装備。


いまいちなところ

△夜ちょっと部屋が暗い。
△部屋付露天風呂は温度調節が難しい。
△夕食にお品書きがあるともっとよかったかも。
△宿泊費の絶対金額が高い(内容は見合っているので相対的には高くないですが・・・)
△大浴場の露天風呂がちょっと距離がある。(冬に歩くと寒い)

いまいちなところは本当に些細なことで、ほとんど気になりません。

宿泊費は(私たちにとっては)とても高いのでしょっちゅう行ける宿ではないですが、
ぜひまた再訪したいです。お金を貯めなくては。

ところで、新幹線、東京ー郡山間の運賃は
7,770円×2(往復)=15,540円ですから、ほぼ1万円アップのJTBプランはお得ですよね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ