松渓苑宿泊 その4

2010年3月 松渓苑@岳温泉 宿泊 FC2ブログ 
朝食編です。

<びゅう「地温泉」>
風呂・トイレ付き和室(定員5名)
夕・朝食:部屋<3名まで>または個室食事処(和食)
JR+宿泊コース(東京駅発着) @27,800円(宿泊のみコースは@18,600円)


朝起きたら雪が積もっていました。
EN2270.jpg

EN2271.jpg

6時半に起きて大浴場に行きました。忙しそうに働く従業員さん達。
EN2279.jpg

大浴場は、何人も先客がいました。大浴場では他の方がいたので写真は撮れませんでした。
これは松渓苑さんのホームページからもらってきた写真です。
pic4.jpg

露天風呂の写真も松渓苑さんのホームページから。
pic5.jpg

7時半にふとんを上げに係の人が2人来ました。
この手の旅館は、ふとんを敷きっぱなしに出来ないので、いまいちです・・・
ご飯の後にごろごろするのも醍醐味なのですがね。

松渓苑さんは朝食も部屋出しでした。8時にお願いしました。
朝食は一回で運び終わります。
EN2281.jpg

しじみの味噌汁。ちっちゃいシジミ入り
EN2283.jpg

納豆
EN2284.jpg

ねぎとろ(ねぎとろ+とろろ?)。おいしい。
EN2285.jpg

3枚しか入っていない海苔
EN2286.jpg

鱒(ます)でしょうか。
EN2287.jpg

山菜と、いかのたまり漬けみたなもの。
EN2288.jpg
いかは味が濃くて辛いです。でもすごくおいしい。ごはんが進みます。

牛乳です。珍しいです。
EN2289.jpg

EN2290.jpg

やはりご飯がおいしくて、おかわりしてしまいました。
EN2291.jpg

白魚の鍋。やさしい味で朝にぴったり。消化も良さそう。
sEN2292.jpg

EN2295.jpg

全体的においしく、夕食に続いておもしろい料理です。量も適量で好感度大。
夕食共々また食べに来たい、と思わせるものでした。

朝食の後ロビーでコーヒーを飲みました。
EN2303.jpg

サイフォンコーヒー550円。
EN160.jpg

EN161.jpg

コーヒーは今時珍しいサイフォン式でテーブルまで持ってきて、目の前で入れてくれます。
EN2311.jpg

EN2310.jpg
サイフォンで入れてくれたせいか、豆が良いものなのか、水が良いのか、その全部なのか
とにかくおいしいコーヒーでした。

とても満足して部屋に帰りました。しかし大浴場が(確か)九時までで
朝食後は風呂に入れませんでした。残念。

チェックアウトはびゅープランだと11:00なのですが、送迎バスが10:30発なので
10時過ぎにチェックアウトしました。これも残念。

フロント。
EN2302.jpg

玄関では若女将が表まで出て見送ってくれました。
姿が見えなくなるまで見送ってくれてちょっと感動しました。

温泉街の下の方にバス停があり、送迎バスはそこに止まっていました。
EN2316.jpg

10時20分頃に着いたのですが、ほとんどの客がもう座っていて私たちが最後位でした。
皆さん早っ!
sEN2317.jpg sEN2318.jpg

10時半に出発して11時半頃に郡山駅に到着
EN2319-1.jpg

柏屋さんのお菓子を買って帰りました。
EN2325.jpg

庭園の宿 松渓苑 感想

良いところ。
◎食事がおいしい。
◎お湯はとても良い。
◎静かで落ち着いている。
◎貸し切り風呂がある。
◎庭がきれい
◎サイフォンコーヒーがおいしい。
◎接客は丁寧で感じがよい。

いまいちなところ。
△個室食事処が欲しかった。
△朝大浴場が閉まるのが早い。
△露天風呂が狭い。

なにせ料理がおいしいので、是非また再訪したいです。
今度は露天風呂付きの部屋に泊まって温泉を満喫してみたいですね。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ