TERAKOYA 黒トリュフ入りの焼き菓子カヌレ

ローカルネタで申し訳ありませんが、
武蔵小金井のフレンチレストラン・TERAKOYAさんの
黒トリュフ入りの焼き菓子カヌレ
を買ってきました。

TERAKOYAさんのオンラインショップは→【https://boutique.res-terakoya.co.jp/

少し前に、TERAKOYAさんのオリーブサンドを買いましたが、
こちらも前から気になっていた商品。

5個入りで1,296円(税込)と高級お菓子です。
箱も高級お菓子にふさわしいもの。
s-DSC09606.jpg

Cannele aux Truffes トリュフのカヌレ。
s-DSC09604.jpg

中はビニールパック。
s-DSC09607.jpg

カヌレって久しぶりに食べました。
s-DSC09616.jpg
見た目、周りが堅いのかな?、
と思っていましたが、全体的にフニャフニャでした。

断面の写真。
s-DSC09622.jpg
食べた瞬間は甘い味しかしません。
が、次第にトリュフの味が広がってきます。
美味しい~♪

トリュフは見えない位細かく刻んでありますけど、
口の中にトリュフ味が残って幸せ。

オリーブサンドよりも、こっちの方が良いなあ。
これはまた食べたいっ!
って思いました~。

1個約260円なので、しょっちゅう買えるものじゃあないですが、
記念日やご褒美に買いに行きたいです。

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

旅館花屋2017年 その5 朝食編

2017年12月 別所温泉・旅館花屋さんに宿泊。

旅館 花屋
〒386-1431 長野県上田市別所温泉169  
TEL:0268-38-3131 / FAX:0268-38-7923

『かけ流し温泉付離れ』人気の3室よりご指定
雅プラン【離れ】

離れ83番
@32,400円(入湯税別)

<チェックイン>15:00~18:00
<チェックアウト>11:00

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その5 朝食編

朝6時に起きて大浴場に行きました。
気温は氷点下、廊下が滅茶苦茶寒~い(゜Д゜)
まだ日が登っておらず、暗い中、
ライトが灯されていて浮かび上がるラウンジ。
HAN2416.jpg

風呂から上がってきたら明るくなっていました。
HAN2462.jpg
池の水が凍っていました。
鯉はどうしているのだろう?、と思ったら、
回廊の反対側の池に居ました。
そっちの真ん中は凍っていなかったので、
何か工夫がしてあるのでしょうね。

部屋に戻ると、部屋の扉の前に
朝日新聞が置いてありました。
HAN2465.jpg
嬉しい♪。部屋でじっくり読みました。

朝食は8時、8時半、8時45分の三択。
チェックイン時に選びます。
私達は8時を選択。

朝食は食堂でいただきます。
HAN2267.jpg

階段を上がって左に曲がります。
HAN2456.jpg

コーヒーは食堂横のラウンジで飲めます。有料。
HAN2458.jpg

食堂は手前の扉を手動で開けます。
HAN2466.jpg

開けると正面はオルガン。奥に食事会場。
HAN2467.jpg
左にコーヒーが飲めるラウンジがあります。

食堂。
HAN2513.jpg

窓際のテーブルに案内されました。
HAN2468.jpg

並べられている朝食。
後から暖かいものが運ばれてきます。
HAN2470.jpg

鮭、杏かん
HAN2475.jpg
鮭はしょっぱくてウマウマ。
杏の寒天は一口だけど、美味しかった。

サラダ。サラダにエビは珍しい。
HAN2478.jpg
ポテトサラダが美味しかった。

ひじきの煮物。甘くなくて私達好み。
HAN2481.jpg

昆布の佃煮。山葵入りで、ピリ辛の昆布。
HAN2483.jpg
ご飯が進む進む。

は席に着いたら火を付けてくれます。
熱々が食べられて幸せ。
HAN2484.jpg
豆腐は表面だけ揚げてあります。
何とも言えず美味しい豆腐でした。
シメジに味が染みていてウマウマ。

リンゴジュース
HAN2490.jpg

海苔は5枚入り。高級海苔でした。
HAN2495.jpg

漬け物
HAN2497.jpg

ゼリーはブドウのコンコード。
HAN2499.jpg
もちろん飯島商店さんのもの。さすがに美味。

ご飯と味噌汁が運ばれてきて完成。
HAN2493.jpg

ご飯はお代わり出来ます。
HAN2501.jpg
やっぱり無茶苦茶美味しいご飯。
ご飯のお供が多いので、お代わりしてしまいました。

味噌汁。出汁は夕食ほど濃厚ではありませんが、美味しい。
HAN2507-1.jpg

お茶は緑茶。
HAN2508.jpg

後から運ばれてくる卵料理は選べます。
オムレツ、出汁巻き卵、温泉卵の三択。
席に着くと聞かれるので、即決の必要性あり。

運ばれてきたオムレツ
HAN2522.jpg
ふわトロでウマウマ~。

豆乳の蒸し物も一緒に運ばれてきました。
HAN2517.jpg
豆乳の茶碗蒸しのようなもの。
筍、銀杏入り。美味しかった。

食堂は若い女性の従業員さん数人で配膳。
丁寧な接客でしたが、人数が少ない。
ご飯のお代わりをお願いする時に、
姿が見えずしばらく待ちました。

朝食は豪華では無いですけど、
美味しいものばかりで、大満足。
食後の無料コーヒーがないのは残念でした。

花屋さんのチェックアウトは11時。
布団は敷きっぱなしなので、
ゴロゴロしていました。

11時のチェックアウトはフロントで
チェックアウト渋滞が発生。
ロビーラウンジは閉まっているので、
フロント前で立って待つ羽目になりました。
ロビーラウンジを開けてくれるといいのに、
って思いました。


帰り道、横川SA(上り)に寄りました。
sHAN2572.jpg sHAN2573.jpg

おぎのやさんで夕食用に峠の釜めしを買いました。
HAN2577.jpg

おぎのやさんの隣にパン屋さんがあります。
HAN2579.jpg

なんと釜めしパンなるものが売っていました。
HAN2581.jpg
これは食べてみないと・・・・(^^;)

SA内にはスターバックスがあるので、
ラテを調達。
HAN2584.jpg

寒かったので車の中でパンを食べました。

釜めしパン・わさび漬け。
HAN2585.jpg

断面。
HAN2592.jpg
マヨネーズの中にワサビが入っていました。
ワサビは辛くて美味しい。

釜めしパン・山ごぼう。
HAN2589.jpg

断面。
HAN2594.jpg
クルミが入っています。釜飯のごぼうが入っていました。
美味しかった。

幻のクリームコロネ。
HAN2597.jpg
名前が凄いですが、
クリームが美味しかった。
ホイップ&カスタードクリームの2種類。

この日の夕食、峠の釜めし。
HAN9543.jpg

最近は紙パックの釜飯もあるようですが、
やっぱり陶器の器が美味しく感じますね。
HAN9544.jpg

花屋さん 感想。
良いところ
◎食事がとても美味しい。
◎極上温泉。
◎従業員さんの接客が良い。
◎83番の部屋風呂は広くて快適。
◎鍵が2つ。
◎雰囲気ある建物、部屋。

いまいちなところ
△Wi-Fiが繋がらない。
△コーヒーサービスは無し。
△冬の回廊は寒い。

花屋さんの再訪は、非常に満足度の高いものでした。
83番の部屋風呂が広くて気に入ってしまったので、
次回も83番にしてしまうかも。
値段が高いので、気楽に行けないのが悲しい・・・。

旅館花屋 終わり。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館花屋2017年 その4 夕食編

2017年12月 別所温泉花屋さんに行ってきました。FC2ブログ

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その4 夕食編

離れの夕食は部屋食です。
チェックイン時に「18時開始でよろしでしょうか?」
と聞かれたので、その時間でお願いしました。

18時になると、従業員さんが部屋まで
料理を運んできます。
本館から距離がある上に、
階段もあるし、廊下は暗いし、
で大変そうです。

ドリンクメニュー。クリックで大きくなります。
HAN-2126.jpg
価格は税別です。
種類が少なくて残念。

私が頼んだ利き酒セット(1,080円)
信州の地酒3種。
HAN2348.jpg
右から、喜久盛、真澄ゴールド、夜明け前
どれも美味しい日本酒でした。
バカ舌の私には、
違いがよく分かりませんでしたが・・・(^^;)

お品書きも風情があります。
HAN2333.jpg

並べられた夕食。綺麗,゜.:。+゜
HAN2324.jpg

食前酒は梅酒
HAN2331.jpg
薄めで、甘さ控え目の梅酒。
香りが良く、美味しい梅酒でした。

先付と八寸。
HAN2329.jpg

先付落花生豆腐
HAN2336.jpg
落花生豆腐はネットリしていてウマイ。
ピーナッツバターみたいです。

鮟肝ジェルがけ
HAN2345-2.jpg
ポン酢ジュレです。
紅葉おろしが辛い。
鮟肝が濃厚で物凄く美味しい。

黒豆の白がけ
HAN2342.jpg
甘~いです。かかっている豆腐(?)も甘い。
豆がとにかく美味しい。

八寸季節の前菜盛り合わせ
HAN2338.jpg
左が紫イモ寄せ
上にかかっているのは柚子味噌
右は菜の花のサーモン巻
子持ち昆布、人参カステラ

紫イモは出汁の味がします。
柚子味噌は、味噌の味が濃くて、
柚子かどうかは判明せず。
冷たくて美味しいです。

菜の花のサーモン巻は、
燻製のサーモンが猛烈に美味しい。

写真に写っていませんが、
人参カステラは伊達巻きのような味でした。

先付と八寸を食べていると、
椀と造里が運ばれてきました。


HAN2349.jpg

海老新糝薯(えびしんじょ)。もう一つの団子は蕎麦餅。
HAN2351.jpg
蓋を開けると、出汁の良い香りが漂います。
一番出汁の濃密な味。幸せ・・・\(^O^)/
海老しんじょはフワフワで海老の味が濃厚。
蕎麦餅は弾力があって面白い団子でした。

造里鮮魚盛り合わせ。妻物一式
HAN2356.jpg

造里アップ。味噌だまりにつけて食べます。
HAN2363.jpg
マグロ、ヒラメ、帆立、カンパチ
ヒラメの縁側がコリコリで美味。
カンパチも美味しい。

次に運ばれてきたのは煮物。

煮物大根風呂吹
HAN2366.jpg

大根風呂吹アップ。
HAN2369.jpg
肉団子は、うずらの有馬煮
うずら肉に入っている山椒がいい感じで、
肉団子はとっても美味しい。

インゲン、お麩、里芋、大根
大根は堅いのに,味が染み染み。うま~い。
出汁がやっぱりウマウマです。

次に運ばれてきたのは、焼肴。
まだ、煮物を食べている最中に来て、
忙しい。

焼肴鰆(さわら)利休焼
HAN2377.jpg
手前、キンカンの甘露煮、杏ソースをかけたなます
なますは酸っぱくて美味しい。
キンカンはもちろん甘くて美味しい。

鰆アップ。サワラは照り照りです。
HAN2381.jpg
柔らか~い。
みりんが効いていますが、それほどしょっぱくなく、
絶妙な味付けです。
すごく美味しい。ご飯が欲しいです。

テンポ良く運ばれてきた食事でしたが、
ここでちょっと時間が開きます。

止肴信州黒毛和牛しゃぶ鍋
HANs2371.jpg HANs2372.jpg
ポン酢でいただきます。
薬味は小ネギと紅葉おろし。

信州黒毛和牛。柔らか~い♪
脂身たっぷりでウマウマの肉。
HAN2385.jpg
しめじ、えのき、ねぎ、水菜、豆腐、葛きり、
と具材も多く、とっても美味しい鍋でした。
肉の量は多く、相方の肉が少しこちらに
回ってきました。

食事上田産こしひかり。お味噌汁。香の物
HAN2388.jpg

蓋を開けたところ。
HAN2391.jpg

香の物。らっきょうは赤ワイン漬け。
HAN2394.jpg
漬け物も美味しい。
らっきょうは臭みが少なく、
らっきょう嫌いの私でも食べられました。

ご飯のこしひかりは「蛍」。
硬めに炊いてありました。
HAN2396.jpg
ご飯が滅茶苦茶美味しい\(^O^)/
おかず無しで、ご飯だけで食べられます。

お味噌汁。出汁が濃厚。猛烈に美味しい。
HAN2398.jpg

満腹です。苦しい・・・。
部屋食なので気兼ねなく、
仰向けで横になっていました。

最後にデザートが運ばれてきます。

小菓子季節のデザート
HAN2402.jpg
フランボワーズムース。上にクランベリーが乗っています。
抹茶わらび餅。リンゴはふじ。

アップ。どれもこれも美味しい。リンゴは甘かった。
HAN2404.jpg
抹茶は苦かった。

花屋さんの夕食は大満足でした。
美味しい料理の連発で、
お腹も一杯になります。
幸せな夕食でした。

デザートと一緒に、
新しい急須を持って来てくれました。
HAN2408.jpg

ポットも交換。
HAN2409.jpg

夕食には天ぷらが出てきません。
天ぷらが苦手な私たちは大歓迎。
しかし、天ぷら好きな方には不満かも・・・。

漬け物も、長野の宿にもかかわらず、
野沢菜は出てきません。
こだわりですかね。

味付けは塩気が少なく、私たち好みでした。
出汁の味が強烈で印象に残ります。

布団は食後に従業員さんが敷いてくれます。
てっきり別の方が敷きに来るのかと思っていたら、
食事を配膳してくれた女性従業員さんが
食後に敷いてくれました。

「本間と次の間どちらにしますか?」
と聞かれたので、6畳の次の間に敷いてもらいました。
HAN2411.jpg
せっかく敷いていただきましたが、
窮屈そうなんで、90度回転して
敷き直してしまいました(^^;)

布団も枕も身体に合っていて、
ぐっすりと眠れました\(^O^)/

その5 朝食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館花屋2017年 その3 館内&風呂編

2017年12月 旅館花屋さん@別所温泉に行ってきました。FC2ブログ


花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その3 館内&大浴場編

玄関入って正面がラウンジ。
HAN2539.jpg

その右側に売店。
HAN2227.jpg
お菓子を中心に、お酒やジュース、味噌など
多彩な商品が置いてありました。

もちろん【みすず飴】を売っています。
HAN2258.jpg

飯島商店さんのジャムも売っていました。
HAN2256.jpg

玄関左の裏側にジュースの自動販売機。
HAN2212.jpg
ペットボトル500mlのジュースは110円から140円。
缶コーヒーや350mlジュースは110円、
ヴォルビック500mlも110円と
良心価格ですね。

タバコの自動販売機もありました。

自販機の右側の廊下の右側に喫煙室。
HAN2225-1.jpg

花屋さんは、
平成29年4月1日より全館禁煙となりました。
で、喫煙室が出来たようです。
HAN2208.jpg

喫煙室には立派なソファが置かれていました。
HAN2209.jpg

喫煙室には勿体ないような絵や家具も。
HAN2450.jpg

到着時男性用だった大理石風呂。
HAN2186.jpg
大理石風呂と若草風呂は男女別の大浴場。
15時~21時45分が男性で、
22時~翌朝10時30分が女性になります。

脱衣所には脱衣カゴたくさん。
こちらは、水と麦茶のサービス。
HAN2309.jpg

洗面台。ドライヤーあり。
HAN2305.jpg

フェイス&ハンドソープ&シェービングフォーム。
HAN2306.jpg

こちらの入り口から入ると、
浴槽が2つあります。
HAN2307.jpg

浴室は湯気でモウモウ・・・。
なので、画像が悪いです。
手前の浴槽は余り広くない。
HAN2291.jpg
夕方で、42.2℃と少し熱め。

奥の浴槽は広い。
HAN2296.jpg
夕方、41.1℃とやや低め。

シャワーカランは何個もあります。
HAN2292.jpg

シャンプーはやはりミキモトのもの。
HAN2293.jpg

こちらの入り口から入ると、
HAN2311.jpg

浴槽が1つ。
HAN2299.jpg
こちらは夕方40.7℃とぬる湯。
ここにずっと入ってしまいました。

温泉分析表。源泉50.4℃の硫黄泉。
HAN2315.jpg
泉質は折り紙付きですね。

翌朝は男女交代で、若草風呂が男湯。
HAN2425.jpg

若草風呂は横に長いので、
脱衣所も横長。で、脱衣所左。
HAN2426.jpg

脱衣所右。
HAN2428.jpg

ステンドグラスが素敵。
HAN2427.jpg

洗面台。ドライヤーあり。
HAN2429.jpg

こちらは水のみのサービスで麦茶は無し。
HAN2430.jpg

若草風呂は湯気でモウモウ。視界2mって感じ。
HAN2442.jpg
前日夕方は42.6℃だったそうです。
この日、朝6時は42.2℃と高めでした。
私には熱くて、長時間入っていられませんでした。

う~ん、どうやっても撮れない・・・(泣)
HAN2437.jpg

本当はこんなに素敵な風呂なんです。
HY307.jpg
この写真は2013年のもの。
とにかく広いので、
ゆったりと入れる極楽風呂です。

若草風呂の左に、露天に通じるクランク廊下。
HAN2190.jpg

露天への出口には、
「露天風呂においでの際は、
ゆかたで移動してください」の看板。
HAN2192-1.jpg
浴衣以外はダメ、
みたいに受け取れる紛らわしい看板(笑)
裸でなければいいのですよね(^^;)

本館を出て、表を下っていきます。
HAN2195.jpg

最後に階段を降りると男女別の露天。
HAN2197.jpg

露天風呂は15時~22時。
翌朝は6時~10時30分です。
HAN2198.jpg

男性用露天。
ここは写真を撮っただけで入浴しませんでした。
HAN2200.jpg
女性用露天の写真は無しです。
男性用露天は誰も入っていませんでしたが、
女性用は何時行っても、
どなたかが入っている感じでした。

到着時夕方は、若草の湯の湯温が
42.6℃と高めだったのが
影響していたかもしれません。
相方も若草風呂が熱くて入れず、
露天に入ったそうです。
女性用露天は夕方41.6℃だったそうです。

大浴場は、
以前と変わらず大正ロマンが味わえて、
極上湯が楽しめました\(^O^)/

ただ、冬は移動の廊下が寒い・・・(゜Д゜)
特に朝は氷点下で、キツかったです。

その4 夕食編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館花屋2017年 その2 部屋編

2017年12月 別所温泉 旅館花屋さんに泊ってきました。FC2ブログ

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

その2 部屋編

離れ83番の玄関。
上がり框でスリッパを脱ぎます。
左に部屋に通じる引き戸。
HAN2044.jpg

踏み込みしては広い2畳の部屋。
HAN2046.jpg

2畳部屋にはタンスとお茶セット。
暗くて写っていませんね(^^;)
HAN2049-1.jpg

お茶セット。マウスオンで蓋開きます。


下にお茶、布巾。
HAN2055.jpg
案内してくれた従業員さんが、
お茶を入れましょうか?
と言ってくださいましたが、
早いとこ写真を撮りたかったので、
お断りしました(^^;)

お茶は緑茶とほうじ茶の2種類。
HAN2412.jpg
どちらも凄く美味しい。
お茶が美味しい宿、好きです。

本間10畳。おお!こたつだ!!
HAN2058.jpg
暖房+こたつでヌクヌクでした\(^O^)/

正面の雪見障子を開けると広縁。
左に床の間、右は洗面、次の間への引き戸。
HAN2065-1.jpg
全体的に写真が暗いのは、
照明が暗いせいです。

花屋さんは、雰囲気を大切にしているため、
白熱電球にこだわっていて、
照明もわざと暗めにしてあるそうです。

入り口を見た写真。左が入り口、右は洋服掛け。
HAN2069.jpg

洋服掛けの中。
左側には小さめの金庫。
HAN2088.jpg

右側はハンガー、浴衣など。
HAN2089.jpg

浴衣、足袋ソックス、タオル類。
HAN2092.jpg
フェイスタオルが入っている白い袋と、
黒いビニール袋と2枚用意されていました。
欲を言えば、大浴場に行く時用の
カゴが欲しかった。

バスタオルは1人1枚。
HAN2283.jpg
部屋風呂があるので、
1人2枚欲しかったですね。

フェイスタオル、足袋ソックス。
HAN2284.jpg

浴衣はMサイズ2枚、Lサイズ2枚の用意。
HAN2285.jpg

羽織。ウールの厚手で、暖かかった♪
HAN2289.jpg

床の間には掛け軸。
HAN2072.jpg

テレビはシャープ32インチ。必要かつ充分。
HAN2073.jpg

置物は七福神が題材でしょうか。
HAN2075.jpg

電話は黒電話。レトロでいいですね。
HAN2076.jpg

テーブルの上には鍵、外湯入浴券、箸。
HAN2079.jpg
な、何と鍵が2つ!!
花屋さんは、以前鍵が1つで、
評判が悪かったのですが、
改善されていました♪
素晴らしいです\(^O^)/

宿のウェブページから予約すると、
★別所温泉の厄除箸プレゼント
★別所温泉外湯入場券プレゼント
の特典あり。
外湯券は使いませんでしたが、
お箸は有り難く頂戴しました。

残念ながら、
「館内はWEB環境やWi‐Fiの設備はございません」
の表記通り、ネットは繋がりません。

部屋菓子。マウスオンで蓋開きます。


花屋さんは、飯島商店さんが経営しているので、
部屋菓子はもちろん【みすず飴】。
HAN2083.jpg
杏、ブドウ、オレンジなど、
色々な味があって楽しい。
ぺろりと食べてしまいました。

ポットは保温のみのタイプ。
HAN2085.jpg
お湯は、時間と共に当然冷めていきます。
お茶を飲むぶんには良いのですが、
ドリップコーヒーを飲もうと思ったら、
ぬるくてイマイチでした。
湯沸かしケトルにしてほしい・・・。

雪見障子を開けると、広縁。
マウスオンで障子開きます。


広縁には、座り心地の良いソファ。
HAN2104.jpg
花屋さんは禁煙になったので、
灰皿はありません。

左に冷蔵庫、加湿空気清浄機。
HAN2110.jpg

冷蔵庫内の飲料は有料。
HAN2115.jpg

値段は旅館価格。水まで有料とは・・・(゜Д゜)
HAN2112.jpg
ラウンジ前に自動販売機があり、
ジュース類は比較的安いので、
そちらを利用すれば良いと思います。

広縁のテーブルの上にお酒の案内。
HAN2118.jpg

ムック「プロが選んだ日本の旅館・ホテル100選」。
HAN2119.jpg
当然、花屋さんも載っていました。

夕食は部屋出しなので、ドリンクメニューあり。
ドリンクメニューはクリックで大きくなります。
HAN-2126.jpg

別注メニューもありました。クリックで拡大。
HAN-2127.jpg

おつまみセットとコーヒー。かなり魅力的♪
HAN-2128.jpg

本間の奥の扉を開けると、
正面がトイレ、左が次の間6畳。
HAN2129.jpg

無理矢理6畳をくっつけたような、
ちょっと不思議な造りでした。
HAN2132.jpg

次の間6畳。この部屋も暗いです。
HAN2133-1.jpg

鏡台、ティッシュ、ゴミ箱、タオル干し。
HAN2136.jpg
タオル干しは洗面所にも1つあり。

何故か、ティッシュとゴミ箱は
本間に無く、こちらにしか用意
されいませんでした。

入り口脇にタンス。タンスの上にナイトランプ。
HAN2140.jpg

トイレはウォシュレットで快適。
HAN2022.jpg

操作盤はガッチリ押すタイプ。
水洗の音も流せます。
HAN2026.jpg

入り口脇に手洗い。
手洗いは、何と自動で水が出ます。
HAN2569.jpg

トイレの鍵は新しいけど、
昔ながらの鍵。こだわってますねえ。
HAN2570.jpg

トイレの右側は洗面と部屋付き風呂。
HAN2142.jpg

開けると正面が風呂。
HAN2145.jpg

右には脱衣カゴが2つ。
HAN2147.jpg

左は洗面。タオル干し。
HAN2148.jpg

洗面台。キレイで気持ち良い洗面でした。
HAN2153.jpg

1200Wドライヤー、アメニティ。
HAN2159.jpg

アメニティはシンプル。
歯ブラシセット×2、
シャワーキャップ×2、
ヘアブラシ×2、カミソリ×2。
HAN2174.jpg
全部箱に入っています。
困るのは、箱に何も書いていないので、
箱を開けてみるまでは何が入っているか
分からないこと。

箱に中身を書いてほしいです。
使わなかったシャワーキャップまで
箱を開けてしまいました・・(^^;)

カミソリは良く切れる高級品。
どれも品質はよさそうでした。
高級旅館にふさわしいアメニティでした。

化粧品はPOLA。
フェイス&ハンドソープ&シェービング。
エステロワイエの化粧水と乳液。
HAN2157.jpg

扉を開けると、部屋付き内風呂。
HAN2160.jpg

下の写真はマウスオンで寸法表示します。

広~~い\(^O^)/
132cm×85cm。二人で並んで入れます。
(実際は互い違いですが)
到着時39.0℃とぬる湯で、
ぬる湯好きの私達には最適温度。
いくらでも入っていられます♪
もう、暇さえあれば入っていました。
幸せ~。

前回夏に来た時は激熱で、
水で薄めないと入れませんでした。
冬はぬるくなるそうです。

源泉がコンコンと注がれています。
硫黄臭はほんどしませんでした。
HAN2173.jpg
細かい湯の花が浮いていて最高♪
温まるのはもちろん、肌もスベスベ。
おまけに、私の首にあったイボが
取れてしまいビックリでした(^^;)

右手前に小さく三角の段があります。
HAN2182.jpg
段にしては小さすぎるし、
滑るので、手すりが欲しかった。

窓は半分だけ開きます。
HAN2169.jpg

景色は見えませんが、
覗かれる心配はなし。
HAN2171.jpg

シャワー、カラン。
HAN2166.jpg

ミキモトのシャンプー、リンス、ボディソープ。
HAN2167.jpg
前回の時は、リンスインシャンプーで、
高級旅館らしからぬ揃えでしたが、
今回は高級品に変わっていて、
これも進化していました。

前回の不満点がほとんど無くなっていて、
地道に改善しているのだなあ、
と感動してしまいました。

83番の部屋は高いですけど、
広い部屋風呂のおかげで
非常に満足度の高い滞在になりました。

その3 館内&大浴場編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

旅館花屋2017年 その1 到着編

2017年12月 別所温泉 花屋さんに泊ってきました。FC2ブログ

旅館 花屋
〒386-1431 長野県上田市別所温泉169  
TEL:0268-38-3131
FAX:0268-38-7923

『かけ流し温泉付離れ』
人気の3室よりご指定
雅プラン【離れ】

離れ83番
@32,400円(入湯税別)

<チェックイン>15:00~18:00
<チェックアウト>11:00

花屋さんのホームページは→【http://hanaya.naganoken.jp/

花屋さんは2013年以来で、
2回目の宿泊になります。

予約したのは約1ヶ月前。
離れは空いていなくて、
(本館は空いていた)
人気の3室を指定するプランに
2室空きがありました。
そのうちの安い方の部屋83番を
予約しました。

83番は、2013年に、
じゅうべいさんが泊られています。
その時の【じゅうべいさんのレポ】によると、
部屋風呂が広い、とのことなので、
ワクワク~。

しかし、83番は、
安い方の部屋とはいえ@32,400円。
高~い・・・。
本当は新幹線で行きたかったのですが、
節約のために車で行きました(^^;)

関越自動車道から上信越自動車道に。
途中、甘楽PA(下り)で休憩。
ここの売店で
「ぐんまちゃん下仁田ネギラー油」を購入。
HANs1951.jpg HANs1950.jpg

東部湯の丸SA(下り)で昼食をとることにしました。
HAN1957.jpg

レストラン・アンテロープ。
HAN1999.jpg

レストランのメニューを見ていたら、
信州まるごとイタリアンというのを発見。
HAN1960.jpg
何々・・・、
「信州ポーク」と「信州ハーブ鶏」と
「信州サーモン」をイタリア風にアレンジ、
だそうです。
これは食べないわけにはいかないっ!

レストランは前払い制。
HAN1961.jpg

中は六文銭が目立ちます。
HAN1963.jpg

「少々時間がかかります」と言われ、
確かに少し時間がかかって運ばれてきた、
信州まるごとイタリアン。
HAN1964.jpg

サフランわさびライス
HAN1967.jpg
パラパラに仕上げてあるライス。
わさびのピリ辛がすごく美味しい。

豚肉と鶏肉のサルティンボッカ風
(肉とハムの重ね焼き)

HAN1973.jpg
豚と鶏の2種類ある上に、
肉の上にハムが乗っていて、
しかもチーズが挟まっているという、
贅沢なメイン。
手前にガーリックバジルソースあり。
肉は軟らかくて、とても美味しい。
すごいボリュームで、相方は食べきれず、
こちらに回ってきました。

信州サーモンとアボカドの生春巻き
HAN1985.jpg
なんと!信州サーモンとアボカドと
セロリ1本まるごとが、
ライスペーパーで巻いてある、
という強烈な一品。
HAN1989.jpg
バーニャカウダーソースが添えてあるので、
ソースを付けつつ、セロリにかぶりつきます。

セロリはくせがなく食べやすい。
私はセロリが苦手なんですが、
そんな私でも食べられました。
信州サーモンはウマウマ~。

まるごと蕪のスープ
HAN1984.jpg
暖かい蕪のスープ。蕪がトロトロに柔らかい~。
コンソメスープが美味しい。

信州まるごとゼリー
HAN1979.jpg
杏、ブルーベリー、苺、梨が入っているゼリー。
桃ジュースがかかっていてトテモ美味しい。

信州まるごとイタリアン、大満足でした。

14時半頃に花屋さんに到着。
花屋さんの駐車場に車を停めさせてもらい、
北向観音にお参りに行きました。
HAN2006.jpg

花屋さんの入り口脇に、
北向観音へ通じる脇道があって、
歩いて数分で到着できます。
HAN2004.jpg

4年ぶりの旅館花屋さん。
HAN2003.jpg

花屋さん玄関。
HAN2012.jpg

玄関を入って左にフロント。
HAN2538.jpg
フロントは素通りで、
ラウンジに案内されました。

ラウンジ。
HAN2264.jpg
14時50分頃に入りました。
すでにラウンジでは、
案内待ちの客で溢れていました。
ラウンジの椅子はほぼ満席。
皆さん早いお着きで。

暖かいお茶が出てきて、しばし待ちます。
HAN2017.jpg
この日は満員だったようで、
従業員さんも忙しそう。

宿泊カードに記入した後、
夕食と朝食の時間を決めます。
その後、部屋に案内されました。

本館を出て、
HAN2268.jpg

大理石風呂の前を通り奥に。
HAN2275.jpg

若草風呂に行く廊下は、
変わらない美しさ。
HAN2187.jpg

大理石風呂の先に水車があります。
水車は凍っていました。寒々しい風景です(^^;)
HAN2185.jpg

廊下は分かれていて、迷いそう・・・、。
HAN2276.jpg

でも、上に案内板があるので大丈夫。
HAN2277.jpg

どんどん奥に案内されます。
チビチビと階段があるので登って、
HAN2029.jpg

一番奥の離れでした。
HAN2032.jpg

離れ83番に到着。
HAN2034.jpg

宿の栞に案内図あり。
HAN2122.jpg

83番は端っこです。
HAN2123.jpg

その2 部屋編につづく・・・。

テーマ : 温泉旅行・温泉宿
ジャンル : 旅行

プロフィール

鴨ミール

Author:鴨ミール
東京多摩地区在住。
趣味は温泉旅行、読書。
性別:男

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
リンク
旅休ドットコム 温泉生活
FC2カウンター
Twitter
アマゾン・リンク
最新トラックバック
RSSリンクの表示
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ
ユーザータグ